Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

バストトップ用美白クリームのおすすめはどれ?選び方も解説

   

バストトップ用美白クリームのおすすめはどれ?選び方も解説

バストトップの黒ずみが気になっていても、家族や友達にはなかなか相談しづらい部位でもあるため、悩みを抱えている女性は多いでしょう。

黒ずみケアにおすすめなのが、美白※有効成分が配合されたクリームです。

では、バストトップ用美白※クリームはどのように選べばいいのでしょうか。

この記事では、美白※クリームの選び方やおすすめ商品を紹介します。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

バストトップに黒ずみができる原因

バストトップに黒ずみができる原因

バストトップの黒ずみは、メラニンの色素沈着によってできるもので、誰にでも起こりうる症状です。

人間の体は外部からの刺激を受けると、その刺激から肌を守るためにメラニンが生成されます。

本来、生成されたメラニンは細胞の新陳代謝であるターンオーバーによって自然と排出されますが、何らかの原因でうまく排出されず肌に残ってしまうと、それが沈着して黒ずみができてしまうのです。

では、メラニンの色素沈着はどんなときに起こるのか、考えられる原因をいくつか紹介します。

下着や衣服の擦れ・圧迫

バストトップに黒ずみができる原因として、下着や衣服の擦れや圧迫が挙げられます。

特に、大きすぎるブラジャーを着けていると、胸とブラジャーの間に隙間ができることで動いた際に擦れてしまい、メラニンが過剰に生成されてしまいます。

サイズが小さなブラジャーも、胸全体を圧迫することで刺激となってしまうでしょう。

バストトップの黒ずみを防ぐためには、自分の体に合ったサイズの下着を身に着けることが大切です。

また、自宅でブラジャーを着用せず過ごしている方は、衣服による擦れが刺激になることがあるため、避けることをおすすめします。

妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れ

バストトップの黒ずみは、妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れが原因で生じることもあります。

妊娠・出産によって増加する「エストロゲン」や「プロゲステロン」といったホルモンは、メラニンの生成を活発化する作用があり、色素沈着が起こりやすくなります。

また、産後は何度も繰り返し授乳をすることになるため、赤ちゃんが乳首を吸うことでバストトップに負担がかかり、黒ずみを引き起こしてしまうこともあります。

加齢によるターンオーバーの乱れ

加齢によるターンオーバーの乱れも、バストトップに黒ずみができる原因の一つです。

本来、肌はターンオーバーによって新しい皮膚が作り出され、メラニンが体外に排出されます。

しかし、ターンオーバーの周期は加齢によって遅れるため、年齢を重ねるごとにメラニンは排出されにくくなり、黒ずみができやすくなるのです。

搔きむしりによる刺激

バストトップは、全身のなかでもとても敏感な部位です。常に下着に覆われているため、ムレや刺激を受けやすく、かゆみが起こることも少なくありません。

しかし、かゆみを我慢できずにかきむしってしまうと、バストトップへの刺激となり、メラニンの過剰生成による色素沈着につながってしまいます。

かゆみを防ぐためには、抗炎症作用や保湿作用のあるクリームを使って、しっかりとケアしてあげましょう。

バストトップ用美白クリームの選び方

バストトップ用美白クリームの選び方

バストトップの黒ずみ対策としては、美白※クリームを使って適切なスキンケアを心がけることが大切です。

バストトップ用美白※クリームはたくさんの種類があるため、選び方のポイントを押さえておきましょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

美白有効成分が配合されているか

美白※クリームを選ぶ際は、美白※有効成分をチェックしましょう。

例えば、以下のような成分が挙げられます。

  • アルブチン
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • エラグ酸
  • リノール酸
  • ルシノール
  • ビタミンC誘導体

そのなかでもトラネキサム酸は、メラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぐ効果・効能が期待できるアミノ酸の一種です。

炎症やアレルギー反応を抑制する作用もあるため、バストトップのかゆみが気になる方にも適しています。

また、一定の濃度で有効成分が配合された「医薬部外品」表示があるかどうかを選ぶ基準にしてみても良いかもしれません。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

美容成分が配合されているか

また、美白※有効成分以外にも、次のような美容成分にも注目してみましょう。

  • エラスチン
  • グリチルリチン酸2K
  • レチノール
  • ナイアシンアミド

例えばグリチルリチン酸2Kは、肌荒れを防ぐ有効成分です。

炎症やアレルギー反応を抑制し、刺激に敏感なバストトップの肌を整えるため、かゆみを感じる方や敏感肌の方にもおすすめです。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

保湿成分が配合されているか

摩擦や刺激によって乾燥しやすいバストトップには、ヒアルロン酸やコラーゲン、植物エキスなど、水溶性の保湿成分がたっぷりと含まれた美白※クリームがおすすめです。

水分を吸着して保水する水溶性の保湿成分は、ベタつきが少なく、サラリとしたテクスチャーでみずみずしい肌に導いてくれます。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

添加物が使われていないか

敏感なバストトップに、余分な添加物が含まれた美白※クリームを使用してしまうと、それが刺激となって乾燥やくすみ、肌荒れを引き起こす可能性もあります。

そのため、肌への負担となる合成着色料や着色料、アルコール、パラベンといった添加物が含まれているバストトップ用美白※クリームは避けたほうが良いでしょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

バストトップ用美白クリームのおすすめを紹介

バストトップ用美白クリームのおすすめを紹介

バストトップ用美白※クリームは、「美白※有効成分」「美肌成分」「保湿成分」「無添加」という4つのポイントに注目して選び、肌をいたわりながら優しくケアすることが大切です。

例えば、保湿をしながらくすみ対策ができる「イビサクリーム」は、無添加にこだわった肌に優しい美白※クリームです。

赤ちゃんにも使えるほど低刺激で、敏感肌の方でも使いやすいでしょう。

イビサクリームには、美白※有効成分であるトラネキサム酸と、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸2Kが配合されています。

また、3種の成分を組み合わせてナノ化した独自成分と、潤い成分の整肌ケアカプセル、植物エキスを含む9種の潤い成分が、くすみを引き起こす乾燥にしっかりとアプローチすることで、くすみや黒ずみを防ぎ、理想のバストトップに整えてくれるでしょう。

イビサクリームはシャワー後や入浴後の清潔な肌に、1日2回使用します。くすみや黒ずみが気になるバストトップを中心に、くるくると円を描くように優しく塗り込みましょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

おすすめの美白クリームでピンクのバストトップを目指そう

おすすめの美白クリームでピンクのバストトップを目指そう

バストトップ用美白※クリームは、どんな成分が配合されているか事前に確認してから選びましょう。

有効成分が一定の濃度配合された「医薬部外品」かどうかを基準にするのもおすすめです。

バストトップは、下着や衣服による擦れ・圧迫やホルモンバランスの乱れなど、さまざまな原因によって黒ずみができやすい部位です。

ぜひ今回紹介した商品を参考に、毎日の美白ケアで黒ずみのないピンクのバストトップを目指していきましょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

 - 胸(バスト) ,

  関連記事

バストトップケアを始めよう!よくある悩みや対処法を解説
バストトップケアを始めよう!よくある悩みや対処法を解説

バストトップは皮膚が薄く敏感なため、さまざまな肌トラブルが起こりやすい部位です。 …

バストトップが乾燥する原因やおすすめの保湿クリームを紹介
バストトップが乾燥する原因やおすすめの保湿クリームを紹介

バストトップが乾燥すると、かゆみや皮むけといったさまざまな肌トラブルを引き起こし …