Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

【医師監修】胸ニキビができる原因や対処法を紹介!どんなときに治療が必要?

   

【医師監修】胸ニキビができる原因や対処法を紹介!どんなときに治療が必要?

胸は、実は体のなかでもニキビができやすい部位の一つです。

普段は服や下着に隠れて見えないからといって放置しがちですが、悪化すると治療が難しくなってしまいます。

この記事では、その治療法のほか、胸ニキビができる原因と未然に防ぐためのケア方法について解説していきます。

胸にニキビができる原因は?

胸にニキビができる原因は?

胸に限った話ではありませんが、そもそもニキビができる原因には、皮脂による毛穴詰まりとアクネ菌の繁殖が関係しています。

アクネ菌は、人の皮膚や毛穴に存在する常在菌の一種で、皮脂を栄養源にして増殖し、炎症を引き起こすほか、酸素のないところを好む性質があります。

なかでも胸は、常に下着に覆われているため外気に触れにくい部位です。

さらに、皮脂腺が多いのでムレやすく、アクネ菌にとって好ましい環境がそろっています。

健康な肌であれば皮脂は汗とともに排出されますが、何らかの理由で毛穴に皮脂が詰まってしまうとアクネ菌が増殖し、ニキビができやすくなるのです。

では、どんなときに胸の毛穴が詰まり、ニキビができやすくなるのでしょうか。考えられる原因をいくつか紹介していきます。

下着や衣服による刺激

肌は外部から強い刺激を受けると、皮膚を守ろうとする防御反応によって、角質を厚くします。

角質が厚くなると毛穴の入口が塞がってしまい、毛穴詰まりが起こりやすくなるのです。

胸の場合、サイズが合っていない下着の着用や、下着を着用せずに服を着たときに起こる摩擦などは、肌への刺激となります。

また、長い髪の毛や、髪の毛に付けた整髪剤が胸に触れたりするのも、肌を刺激することになるので、髪を結ぶなどして胸に当たらないように気を付けましょう。

ボディソープやシャンプーの洗い残し

ボディソープやシャンプーの洗い残しがあると、胸の毛穴を詰まらせてしまい、胸ニキビができる原因になります。

だからといって、胸を洗うときにゴシゴシと強く擦ってしまうと、肌のバリア機能が低下し角質を厚くしてしまうのでNGです。たっぷりの泡を手に取って優しくなでるように洗い、鏡を見て泡が残っていないか確認しながら流しましょう。

また、先に髪を洗い、後から体を洗うといった順番にすることで、体にシャンプーが残ることを防ぐことができます。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠・出産、生理周期によってホルモンバランスが乱れると、肌の状態が不安定になり、乾燥を引き起こします。

乾燥した肌は潤いを補おうとして皮脂を過剰に分泌させるため、アクネ菌が増殖してしまうほか、毛穴が詰まって胸ニキビにつながります。

ホルモンバランスは、妊娠・出産、生理周期以外にも、ストレスや偏った栄養、睡眠不足といった生活習慣からも影響を受ける場合があるので、日頃から規則正しい生活を心がけ、ホルモンバランスを整えることを意識して過ごしましょう。

胸ニキビの治し方、皮膚科での治療は必要?

胸ニキビの治し方、皮膚科での治療は必要?胸ニキビができてしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか。

ここからは、胸ニキビの治し方、皮膚科での治療が必要なケースについて紹介します。

炎症や膿の症状がある

胸にできたニキビが白くてブツブツとした「白ニキビ」の場合は、患部を清潔な状態にし、適切なケアをすると自然治癒するケースが多いです。

しかし、炎症や膿の症状がある「赤ニキビ」や「黄ニキビ」の場合、自然に治るまでには長い時間がかかります。

症状が長引くとニキビ跡が残る原因にもなるため、早めに皮膚科を受診して治療を受けることが大切です。

皮膚科での治療法としては、抗生物質または抗炎症剤などの外用薬のほか、ニキビの数が多いときや治りにくいときは抗菌薬や漢方薬などの内服薬が処方される場合もあります。

さらに、炎症が進んでニキビがふくらんでいるときは、抗炎症作用のある薬を直接患部に注射する治療法を行うこともあります。

ニキビにしこりがある

大きなニキビにしこりを感じるときは、粉瘤(ふんりゅう)の可能性があります。

粉瘤とは、本来なら剝がれ落ちるはずの角質や皮脂が、皮膚の下にできた袋の中にたまった状態のものを指します。

粉瘤と大きなニキビは見た目が似ているため見分けが難しいですが、粉瘤は半球状に盛り上がり、しこりを感じるのが特徴です。

粉瘤が胸にできた場合、ニキビとは違ってセルフケアで治るということはありません。

放置するとどんどんと大きくなり破裂してしまう可能性もあるので、ニキビとの見分けがつかないときは、自己判断せずに皮膚科を受診するようにしましょう。

炎症を伴わない粉瘤の場合、表面の皮膚と粉瘤の袋ごと切除する外科的切除手術を行うのが皮膚科の一般的な治療法です。

一方で、強い炎症を伴う粉瘤では、切開をして中の膿を取り出し、傷口が治ってから再び手術を行って、表面の皮膚ごと取り除くこともあります。

手術は保険適用かつ日帰りでも可能なケースがあるので、医師と相談のうえ、適切な処置を受けるようにしましょう。

へこみ・赤み・ひきつれがある

胸にできたニキビのようなできものが、へこみや赤み、ひきつれなどを伴っているときは、乳がんの可能性も考えられます。

乳がんのしこりが皮膚の近くにあると、皮膚が引っ張られてへこみが生じたり、赤く変化したり、ひきつれができたりするのです。

乳がんは早期発見、早期治療が大切です。

治療法は手術、放射線治療、薬物療法とさまざまですが、進行すればするほど治療期間が長くなったり、再発・転移などで治療が難しくなったりします。

良性腫瘍でもへこみや赤み、ひきつれが生じることがあるため、そのような症状が見られたときは、すぐに病院に行き検査を受けましょう。

乳房のへこみや赤み、ひきつれなどは、婦人科または乳腺外科など乳腺専門のクリニックの受診が適しています。

適切なケアをしても治らない

適切なケアをしても胸ニキビに改善が見られない、悪化している場合は、早めに皮膚科に行って医師に相談することが大切です。

間違ったケアを続けるほか、放置してしまうと、さらに症状が進行する場合や治りづらくなることもあるため注意してください。

さらに、胸ニキビだと思っていても、疾患によるものだったり、別の要因が隠れていたりするケースもあるので、医師の指示に従って正しく対処しましょう。

胸ニキビを防ぐためのセルフケアのポイント

胸ニキビを防ぐためのセルフケアのポイント

胸ニキビができると、かゆみや赤み、痛みを伴ったり、なかなか治らなかったりして日常生活に影響をおよぼすこともあるでしょう。

また、皮膚科で治療を受けても、この先絶対にニキビができないわけではありません。

普段からニキビを防ぎやすくするためのセルフケア方法を覚えておきましょう。

肌に優しいボディソープを使う

胸ニキビを防ぐには、肌を清潔な状態に維持することが大切です。

胸には汚れや古い角質がたまりやすいため、1日1~2回、肌に優しいボディソープを使って丁寧に洗うようにしましょう。

ボディソープはしっかりと泡立てて、タオルやボディブラシではなく、手のひらで優しくマッサージするように洗うのがポイントです。

入浴後は保湿ケア

ボディソープで胸を清潔にした後は、しっかりと保湿して潤いを補給しましょう。

保湿ケアを行うときも、合成香料や着色料といった肌の刺激になり得る添加物を含んだクリームは避け、無添加や敏感肌用など、肌に優しいものを選ぶことが大切です。

ゴシゴシと力を入れて塗り込むのではなく、保湿クリームを手に取って、くるくると円を描くように優しく塗り込みましょう。

生活リズムを整える

胸ニキビができにくい肌の状態に整えるには、食生活や睡眠などの生活習慣を見直すことも大切です。

不規則な睡眠や運動不足、食生活の乱れは、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、胸ニキビができる原因となります。

早寝早起きを心がける、適度な運動を取り入れる、バランスの良い食事を摂るなど、生活リズムを整えることも意識してみてください。

胸ニキビは適切なケアで対処しよう!治らない場合は皮膚科の受診がおすすめ

胸ニキビは適切なケアで対処しよう!治らない場合は皮膚科の受診がおすすめ

ニキビの原因は、皮脂による毛穴詰まりとアクネ菌の繁殖です。

胸ニキビを防ぐためにも、低刺激で肌に優しい製品を使って正しくお手入れするほか、生活習慣を整えることを意識して、内側からもケアすることが大切です。

もし、ニキビの症状がひどい場合やなかなか治らない場合は、自己判断せず早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

監修者

クリスタル医科歯科クリニックインターナショナル
内科院長 中島 由美
https://www.cdc-intl.com/

<経歴>
・ニューヨーク州バッファロー市生まれ
・金沢医科大学 医学部 卒
・金沢医科大学病院にて小児科・内科研修
・大阪・神戸・東京・福岡の病院で内科と皮膚科を担当
・2018年8月クリスタル医科歯科クリニック内に内科、美容皮膚科、アレルギー科を開設

<資格・所属学会>
・日本内科学会認定内科医
・日本医師会認定産業医
・抗加齢医学会専門医

 - 胸(バスト)

  関連記事

バストトップが乾燥する原因やおすすめの保湿クリームを紹介
バストトップが乾燥する原因やおすすめの保湿クリームを紹介

バストトップが乾燥すると、かゆみや皮むけといったさまざまな肌トラブルを引き起こし …

バストトップ用美白クリームのおすすめはどれ?選び方も解説
バストトップ用美白クリームのおすすめはどれ?選び方も解説

バストトップの黒ずみが気になっていても、家族や友達にはなかなか相談しづらい部位で …

バストトップケアを始めよう!よくある悩みや対処法を解説
バストトップケアを始めよう!よくある悩みや対処法を解説

バストトップは皮膚が薄く敏感なため、さまざまな肌トラブルが起こりやすい部位です。 …

【医師監修】バストトップのかゆみが起こる原因は?対策方法も紹介
【医師監修】バストトップのかゆみが起こる原因は?対策方法も紹介

バストトップは皮膚が薄く敏感な部位で、ちょっとした刺激によってかゆみを感じること …