Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

おしりの黒ずみができる原因は?おすすめのケア用品を紹介

      2022/09/21

おしりの黒ずみができる原因は?おすすめのケア用品を紹介

おしりは、色素沈着による黒ずみができやすい部位です。

おしりの黒ずみを改善したり適切な対策をとれるよう、その原因について理解していきましょう。

今回は、おしりの黒ずみができる原因や正しいケア方法を紹介します。

おしりの黒ずみはなぜできる?

おしりの黒ずみはなぜできる?

おしりの黒ずみは、メラニンが過剰に生成されて色素沈着することで発生します。

メラニンは通常、ターンオーバーによって古い角質と一緒に剥がれ落ちますが、慢性化した外的刺激や摩擦などによって過剰に生成されたり、ターンオーバーが遅れると生成と排出のバランスが乱れ、黒ずみとして肌に残りやすくなるのです。

まずは、おしりに黒ずみができやすくなる状況や原因について、考えられることをいくつか紹介します。

カミソリによる自己処理

カミソリを使った自己処理は、ムダ毛だけではなく肌表面の角質層も削ってしまうため乾燥や炎症などを起こしやすく、肌を守るためにメラニンが過剰生成されます。

また、肌トラブルが起こった場合ターンオーバーが正常に働きにくくなり、メラニンが排出されず色素沈着が起きてしまうのです。

間違った洗い方

おしりを洗うときにゴシゴシと洗ったり、拭いたりすると、その摩擦がメラニンの生成を促してしまいます。

また、石鹸やボディソープの刺激が強すぎて肌に合わない場合も黒ずみの原因となるため、肌への負担が少ないデリケートゾーン専用のソープを使って優しく丁寧に洗うようにしましょう。

関連記事:おしりの正しい洗い方と注意点を解説!保湿ケアもしっかりしよう

乾燥によるもの

肌が乾燥していると敏感な状態になり、少しの刺激でメラニンが生成されやすくなります。

特に、クリニックやサロンで脱毛の施術を受けた後のおしりは、レーザーの熱によって乾燥しやすくなっているため、放っておくと色素沈着による黒ずみだけでなく、肌のザラつきやニキビといったさまざまな肌トラブルを起こしかねません。

おしりの脱毛後はもちろん、乾燥を防ぐためには普段から丁寧な保湿ケアを行うことが大切です。

関連記事:おしりの脱毛をするメリットは?セルフケアの方法も解説

摩擦や圧迫によるもの

下着による摩擦や衣服による圧迫、長時間のデスクワークによる座りっぱなしなど、おしりは日常的に外的刺激を受けることが多い部位のため、黒ずみができやすくなっています。

ゆとりのあるボトムスや、ゴワつきが少ない天然素材の下着など、できるだけ肌への刺激が少ないものを選びましょう。

ホルモンバランスの乱れ

加齢やストレス、睡眠不足などによってホルモンバランスが乱れると、肌のターンオーバーの遅れにつながり、古い角質が剥がれ落ちにくくなります。

古い角質がおしりに蓄積すると黒ずみとして色素沈着しやすくなるため、食事や睡眠に気を付け、規則正しい生活を心がけることでホルモンバランスを整えることも大切です。

おしりの黒ずみは美白クリームでケアしよう

おしりの黒ずみは美白クリームでケアしよう

おしりの黒ずみは、美白クリームなどを使って正しくケアすることが大切です。

特に、入浴後や脱毛後などは肌が乾燥しやすいため、しっかりと保湿ケアをして肌に潤いを与えるようにしましょう。

また、おしりと同じく黒ずみができやすいのが、VIO(デリケートゾーン)です。

せっかくなら、おしりだけではなくデリケートゾーンにも対応した美白クリームを使って、気になるくすみや黒ずみをケアしてみてはいかがでしょうか。

例えば、「トラネキサム酸」が配合された美白クリームは、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすを防ぎやすくなっています。

デリケートゾーン専用の美白クリームのなかでも、特におすすめなのが「イビサクリーム」です。

ここからは、イビサクリームの特徴について詳しく紹介します。

効果効能が認められた医薬部外品

イビサクリームは、有効成分の効果・効能が認められている「医薬部外品」です。

美白※有効成分であるトラネキサム酸と、美肌の有効成分であるグリチルリチン酸2Kを組み合わせることで保湿を促しながらかゆみや炎症といった肌トラブルを防ぎやすくします。

有効成分のWアプローチによって、気になるくすみやおしりの黒ずみを徹底的にケアできるでしょう。

独自の美白※成分配合

3種類の成分をナノ化した独自成分VIOホワイトナノスリー®と、潤い成分のケアカプセルが配合されており、くすみを引き起こす乾燥にしっかりと働きかけます。

しっとり潤う理想の肌に整えてくれるので、おしりの黒ずみにはもちろん、乾燥によるゴワつきやザラつきが気になる方にもおすすめです。

関連記事:おしりがザラザラする!原因やおすすめのケア方法を解説

保湿成分がたっぷり

イビサクリームには、保湿を目的とした9種の潤い成分が贅沢に配合されています。

摩擦や乾燥が起きやすいおしりやデリケートゾーンにたっぷり潤いを与え、滑らかに保ちやすくしてくれるでしょう。

無添加で肌に優しい

デリケートゾーン用の美白※クリームとして誕生したイビサクリームは、繊細な肌に負担となる合成香料、着色料、アルコール、パラベンといった4つの添加物が使われていません。

刺激となるものや不要なものをゼロにし、肌への優しさに徹底的にこだわっているため、敏感肌の方でも使うことができます。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

おしりの黒ずみを正しくケアする方法

おしりの黒ずみを正しくケアする方法

おしりの黒ずみができる原因や美白クリームについて紹介しましたが、正しいケア方法を身に付けることで黒ずみの改善はもちろん、色素沈着を防ぎやすくすることが可能です。

ここからは、おすすめの美白クリームとして紹介したイビサクリームを例に、いつ、どのようにして使えば良いのか、おしりのケア方法を解説します。

美白クリームを使ったケア方法

まず、イビサクリームは朝晩のシャワー後や入浴後など、清潔な肌に1日2回使用します。

くすみが気になる部分よりも1cmほど大きくクリームを塗布し、5回程度くるくると円を描くように優しく塗り込みましょう。

デリケートゾーンケア用品は継続することが大切なため、イビサクリームのように簡単な使い方のものを選んでみてください。

関連記事:おしりケアにおすすめのクリームとケア方法を解説

デリケートゾーン専用美白美容液も人気

イビサクリームのほかにも、同様の方法で手軽に使えるデリケートゾーン専用の美白美容液「イビサセラムPro」もおすすめです。

イビサセラムProはセラムタイプの美容液で、クリームよりもさらに肌なじみが良く、さらりとしたテクスチャ―が角質層までじっくり浸透します。

3種の美白※有効成分が贅沢に配合されているほか、植物由来の6種の保湿成分が肌にハリと潤いを与えるため、滑らかな肌に整えてくれるでしょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

おしりの黒ずみは毎日のケアで改善できる!

おしりの黒ずみは毎日のケアで改善できる!

おしりの黒ずみは、生活習慣の見直しや、毎日継続してクリームや美容液を使った適切なケアを行い、色素沈着を起こしにくいおしりにしていくことが大切です。

今回紹介した方法やおすすめのアイテムを参考に、ぜひおしりの黒ずみケアを始めてみてはいかがでしょうか。

 - おしり ,

  関連記事

おしりの脱毛をするメリットは?セルフケアの方法も解説
おしりの脱毛をするメリットは?セルフケアの方法も解説

おしりの表面には産毛やムダ毛が生えていますが、普段は下着や衣服に隠れて見えないた …

おしりケアにおすすめのクリームとケア方法を解説
おしりケアにおすすめのクリームとケア方法を解説

おしりのケアについては、恥ずかしくてなかなか人には相談できないものです。 しかし …

おしりがザラザラする!原因やおすすめのケア方法を解説
おしりがザラザラする!原因やおすすめのケア方法を解説

おしりは普段下着や衣服に隠れて見えない部位ですが、ケアをしていないとザラつきなど …

おしりの肌荒れは毎日のケアで予防しよう!原因や対処法を解説
おしりの肌荒れは毎日のケアで予防しよう!原因や対処法を解説

おしりが肌荒れしてしまうと、座ったときに痛みを感じたり、下着やボトムスを着用した …

おしりをツルツルにしたい!おすすめの方法やケア用品を紹介
おしりをツルツルにしたい!おすすめの方法やケア用品を紹介

普段は衣服の下に隠れるおしりですが、水着姿や下着姿になるシーンでは「ツルツルのき …

【医師監修】おしりニキビができる原因と治し方、薬やケア方法を紹介
【医師監修】おしりニキビができる原因と治し方、薬やケア方法を紹介

おしりは座ったり寝たりしている間に圧迫や摩擦などさまざまな刺激を受けやすく、顔や …

【医師監修】おしりにブツブツができた…これって何?原因や対処法を解説
【医師監修】おしりにブツブツができた…これって何?原因や対処法を解説

おしりにできるブツブツは、自身で対処できる場合もあれば、病院での治療が必要な場合 …

おしりの正しい洗い方と注意点を解説!保湿ケアもしっかりしよう
おしりの正しい洗い方と注意点を解説!保湿ケアもしっかりしよう

普段の生活ではほとんど見ることがないおしりは、ついつい適当に洗ってしまいがちです …