Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

かかとのガサガサやひび割れの原因は?自宅でできるケア方法とおすすめ商品

      2022/09/20

かかとのガサガサやひび割れの原因は?自宅でできるケア方法とおすすめ商品

かかとがガサガサ・カサカサしたり、ひび割れができたりして、悩みの種となっている方もいるのではないでしょうか。

ガサガサかかとをツルツルにするには、きちんと原因を理解して、適切にケアすることが大切です。

この記事では、かかとの肌トラブルに悩む方に向けて、自宅でできるおすすめのケア方法を紹介します。

かかとがガサガサ・カサカサするのはなぜ?

かかとがガサガサ・カサカサするのはなぜ?

まずは、かかとがガサガサ・カサカサする原因について詳しく見ていきましょう。

摩擦や圧迫

かかとは、靴下や靴に擦れやすく、歩いたり立ったりしている間も全体重が足の裏にかかるため、日常的に摩擦や圧迫などの刺激を受けやすい部位です。

刺激を受けた肌は防衛反応が働き、角質を厚くするようになります。これが、ガサガサかかとやひび割れの原因となるのです。

かかとがガサガサするときは、できるだけ刺激を与えないように、サイズが合わない靴やクッション性の低い靴、ゴワゴワした硬い素材の靴下などは避けたほうが良いでしょう。

肌の水分不足・乾燥

潤い不足による乾燥は、かかとがカサカサしてしまう大きな原因の一つです。

肌の潤いは、皮脂と汗などが混ざってできる皮脂膜が角質層に蓋をして、余分な水分が蒸散するのを防ぐことで保たれます。

しかし、かかとには皮脂が分泌される皮脂腺がほとんどないため、肌表面を覆う皮脂膜を作ることができず、乾燥してカサカサとひび割れてしまうのです。

古い角質の蓄積

古い角質が剥がれ落ちずに蓄積されることも、かかとがガサガサしてひび割れる原因となります。

外部から刺激を受けると肌の防衛反応が働き、かかとの角質は厚く、硬くなります。

本来なら自然と剥がれ落ちるはずだった古い角質がかかとに蓄積され、ガサガサになってしまうのです。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーが乱れることも、かかとがひび割れる原因となります。

ターンオーバーとは、表皮の奥で作られた新しい肌細胞が成長して押し上げられ、肌表面にあった古い角質などが剥がれ落ちる仕組みのことです。

血行不良やホルモンバランスの乱れが原因でターンオーバーが乱れると、肌の新陳代謝が正常に行われず、かかとがガサガサになります。

かかとのガサガサ・カサカサを自宅でケアする方法

かかとのガサガサ・カサカサを自宅でケアする方法

かかとのガサガサ・カサカサをケアするには、厚く、硬くなってしまった古い角質を落とし、保湿をしてたっぷりと潤いを与えることが大切です。

ここからは、自宅でできるかかとケアの方法について紹介します。

ぬるま湯にゆっくり浸かる

ガサガサかかとを自宅でケアするときは、まずはぬるま湯にゆっくり浸かりましょう。

ぬるま湯に浸かって皮膚を柔らかくすることで、古い角質を落としやすくなります。

お湯の温度は35~40℃に設定し、全身もしくは半身浴でゆっくりと浸かるほか、洗面器にぬるま湯を入れて足湯でかかとを温めるのも良いでしょう。マッサージして血行を促進させることも大切です。

古い角質をオフする

ぬるま湯で皮膚を柔らかくした後は、角質ケアをして古い角質を落としましょう。

ボディソープを使って汚れや古くなった角質を落とすデイリーケアに加えて、スクラブやピーリングで古くなった角質を落とすスペシャルケアを行うのがおすすめです。

デイリーケアには、肌に優しく、古くなった角質や汚れをしっかりと落とせる薬用ソープを使いましょう。

なかでも、皮膚の清浄・殺菌作用が認められた有効成分イソプロピルメチルフェノールが配合された「イビサソープ」がおすすめです。

有効成分の働きで皮膚を清潔に洗うことができるだけでなく、ビタミンや美容成分が配合されているため、かかとに潤いを与えながら優しくケアすることができます。

さらに、ポンプ式で泡タイプのソープのため、泡立てる必要がなく、簡単にかかとをケアできる点も魅力です。

週2〜3回のスペシャルケアとしてスクラブやピーリングを行う場合は、肌に優しく、保湿力の高いケア用品を選びましょう。

ガサガサかかとのスペシャルケアには、皮膚の洗浄作用が認められた医薬部外品「イビサボディスクラブ」を使ってみてはいかがでしょうか。

クルミ殻粒スクラブという自然由来の極小スクラブが古い角質や老廃物を取り除き、ガサガサかかとを優しく洗い上げることができます。

また、トレハロースや7種類の植物エキスが配合されているため、古い角質が落ちた後の敏感な肌に潤いを与え、滑らかな肌へと導いてくれます。

関連記事:ボディスクラブとは?効果や選び方、ケア方法を解説

関連記事:ボディスクラブの正しい使い方は?頻度や順番について

たっぷりと保湿する

かかとのガサガサの原因となる古い角質をオフした後は、たっぷりと保湿ケアをして、肌をいたわってあげましょう。

かかとは乾燥しやすい部位のため、マッサージをしながら保湿力の高いクリームを塗り込み、しっかりと保湿してください。

肌への刺激を最小限に抑えるためにも、ベタつきを抑えたテクスチャーのクリームを選ぶのがポイントです。

例えば「イビサクリーム」は、肌なじみが良く、サラッと伸びて心地良いテクスチャーが特徴の美白※ケアクリームです。

脱毛サロンが開発したデリケートゾーン向けのクリームですが、かかとの保湿ケアにも使うことができます。

2種類の美白※有効成分と9種類の保湿成分が配合されており、かかとに潤いを与え、くすみのない滑らかな肌へと整えます。

肌の負担となる4種類の添加物は不使用で、繊細なデリケートゾーンにも使えるクリームのため、古い角質をオフして敏感になったかかとの保湿ケアにおすすめです。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

関連記事:かかとケアの正しいやり方!やってはいけないNG例やおすすめクリームを紹介

かかとのガサガサ・カサカサをケアするときの注意点

かかとのガサガサ・カサカサをケアするときの注意点

かかとのガサガサ・カサカサをケアするときは、次の2点に注意しましょう。

  • 軽石やヤスリを使って削りすぎない
  • ケア用品の使用頻度や使用方法を守る

かかとの角質ケアをやりすぎると、角質がより厚く、硬くなってしまう恐れがあります。

軽石やヤスリでかかとをゴシゴシ擦ると、古くなった角質だけではなく、肌に必要な角質も一緒に削ってしまう可能性があるため、避けたほうが良いでしょう。

かかとの角質が厚く、硬くなってしまっているなど、角質を削ってケアする必要がある場合には、専用の電動リムーバーを使うのがおすすめです。

かかとに力を入れずに軽く当てるだけで、古い角質を除去することができます。

また、角質ケアをやりすぎると、肌に必要な角質まで落としてしまう可能性があるため、使用するケア用品の使用頻度を守ることが大切です。

電動リムーバーで削るなら週1回ほど、イビサボディスクラブを使用するなら週2〜3回のケアが適切と言えます。

電動リムーバーのなかには、かかとの皮膚をぬるま湯で柔らかくしてから使うのではなく、乾いた状態のかかとに使用するものもあります。

使用するケア用品によって、適した頻度や使い方が異なるため、角質ケアを行う前によく確認しておきましょう。

自宅でできる正しいケアでガサガサかかとにさよならしよう

自宅でできる正しいケアでガサガサかかとにさよならしよう

かかとのガサガサ・カサカサやひび割れは、摩擦や圧迫、肌の乾燥、古い角質の蓄積、ターンオーバーの乱れなどが原因で起こる肌トラブルです。

自分では見えにくい場所にあるかかとですが、夏場は特に目につきやすいため、肌に優しいボディソープやボディスクラブ、保湿クリームなどで、正しく丁寧にケアして防ぐことが大切です。

今回紹介したおすすめアイテムを参考に、ガサガサかかとから卒業して、ツルツルのかかとを目指しましょう。

 - 足・かかと , , , ,

  関連記事

足が臭い原因と今すぐできる対処法、においを防ぐケア方法を紹介
足が臭い原因と今すぐできる対処法、においを防ぐケア方法を紹介

足は1年を通して汗をかきやすい部分であるため、靴の中がムレてにおいが気になるとい …

かかとケアの正しいやり方!やってはいけないNG例やおすすめクリームを紹介
かかとケアの正しいやり方!やってはいけないNG例やおすすめクリームを紹介

かかとは日常生活のなかでさまざまな刺激を受けやすいため、サンダルを履く夏や乾燥が …

かかとの黒ずみはなぜできる?原因と対処法、おすすめのケア方法を紹介
かかとの黒ずみはなぜできる?原因と対処法、おすすめのケア方法を紹介

気が付いたらかかとに黒ずみができていて、サンダルやミュールといったかかとが出る靴 …