Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

背中脱毛のメリットや種類、お手入れ方法を解説

      2022/09/21

背中脱毛のメリットや種類、お手入れ方法を解説

背中のムダ毛は自己処理が難しいため、多くの女性がサロンやクリニックでの脱毛を選んでいます。

しかし、背中脱毛の方法にはいくつか種類があり、金額感や効果の出方が違うので、しっかり把握しておくことをおすすめします。

この記事では、背中脱毛のメリットや種類、脱毛中のお手入れ方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

背中のムダ毛を脱毛するメリット

背中のムダ毛を脱毛するメリット

まずは、脱毛をすることで得られるメリットについて紹介します。

背中の開いたファッションを楽しめる

背中の開いたファッションを楽しむためには、背中のムダ毛処理が欠かせません。

背中は自分では見づらい部位になるので、気付かないうちに産毛がたくさん生えていた、思っていたよりも毛深かったという方もいます。

しかし、カミソリなどを使って自己処理するとなると、手が届きにくかったり手元が不安定になったりと、怪我につながるリスクがあります。

プロの手を借りて背中脱毛をすればきれいに仕上がるため、背中の開いたファッションを思い切り楽しめるようになるでしょう。

ウェディングドレスや水着を着る予定がある方にも、背中脱毛はおすすめです。

背中ニキビ・肌荒れ対策になる

背中脱毛をすることで、背中ニキビや肌荒れ対策ができるというメリットもあります。

背中は体のなかでも皮脂腺が多い部位のため、毛穴に皮脂や古い角質が詰まって角栓ができやすい部位です。

背中ニキビは、肌にもともといる常在菌「アクネ菌」が皮脂や角質をエサにして繁殖することで起こります。

背中の脱毛をすれば、汗や汚れが皮膚に残りにくくなり、背中を清潔に保つことができるため、背中ニキビや肌荒れ対策につながります。

関連記事:背中の毛穴が目立つ!角栓ができる原因や防ぐ方法を解説

自己処理の回数を減らせる

脱毛は、カミソリや電気シェーバーによる剃毛とは違い、毛根にダメージを与えることで生えてくるスピードを遅くすることができます。特にレーザー脱毛なら永久脱毛も可能です。

個人差はありますが、週に1~2回程度はカミソリやシェーバーを使っての剃毛する方は多く、背中を含めた全身を剃るとなるとかなりの時間がかかるでしょう。

自己処理の回数が減れば、カミソリなどによる肌への負担を軽減することもできますし、面倒なムダ毛処理の時間を減らせるのは大きなメリットと言えます。

背中脱毛の種類は3つ!回数や効果の違いは?

背中脱毛の種類は3つ!回数や効果の違いは?

背中脱毛の方法としては、主に医療脱毛・光脱毛・ブラジリアンワックス脱毛の3種類があります。

ここでは、それぞれの脱毛方法に関する仕組みやメリット・デメリット、必要な回数や効果の違いなどを紹介します。

医療脱毛(レーザー脱毛)

医療脱毛とは、医療従事者にしか扱うことができない医療用レーザーを使用する脱毛方法です。

毛根ではなく発毛組織自体を破壊できるため、永久脱毛ができるというメリットがあります。

毛は「成長期→退行期→休止期」のサイクルを繰り返しており、これを毛周期と呼びます。医療脱毛のレーザーは、成長期の毛に対してのみ効果を発揮します。

毛周期に合わせて8~10回程度施術を受けることで、自己処理が不要になると言われていますが、毛量によっては前後することもあります。

一度の照射で毛が薄くなったという声も多く、2~3ヶ月に1回の頻度で通っていくと早い方では1年程度で脱毛が完了するでしょう。

ただし、医療用レーザーは照射パワーが強いため、人によってはゴムで弾いたような痛みを伴う場合もあるようです。

料金はクリニックや施術回数などによって異なりますが、背中を含む全身5回コースであれば約25万円が相場となっています。

光脱毛

光脱毛は、フラッシュ脱毛とも呼ばれる脱毛方法です。

毛の色を構成する黒色メラニンに反応する光を照射し、毛根にある発毛組織の働きを抑制します。

光脱毛は減毛を目的としているため、医療脱毛のような永久脱毛はできません。

医療脱毛に比べて照射パワーが抑えられているため、繰り返し行うことで効果を発揮し、12~18回ほどで自己処理の回数が少なくなります。

また、背中を含む全身6回コースであれば10万円程度で受けられるエステサロンが多く、医療脱毛に比べると少し低価格で施術を受けられるのもメリットです。

エステサロンで気軽に施術を受けられるほか、家庭用脱毛器を使って自宅で脱毛することも可能です。

ムダ毛は照射後1~3週間程で自然と抜け落ちていくので、すぐにツルツルになるという即効性はありません。

しばらくすると再び毛が生えてくるため、継続しなければならない点はデメリットと言えます。

ブラジリアンワックス脱毛

ブラジリアンワックス脱毛は、砂糖やはちみつなどの天然素材のワックスを塗布し、固まったら剥がすことで、ムダ毛を毛根から引き抜いて処理する脱毛方法です。

ほかの脱毛方法よりも即効性があり、すぐにツルツルな状態にできるというメリットがあります。

また、ムダ毛を処理するだけではなく、古い角質も一緒に取り除くことができるため、脱毛と角質ケアを同時に行うことが可能です。

ただし、ブラジリアンワックス脱毛は永久脱毛ではないため、1~1ヶ月半に1回を目途に、繰り返し脱毛を行う必要があります。

ブラジリアンワックスを購入すれば自宅で気軽に脱毛ができるため、忙しくてサロンに通う時間がない方や、今すぐに肌をツルツルにしたいという方におすすめの脱毛方法です。

ただし、手が届きにくい背中のムダ毛は、自分でブラジリアンワックスを塗って処理するのは難しい場合もあります。

プロの手を借りられるブラジリアンワックス専用サロンを利用して、ツルツルの背中に仕上げてみてはいかがでしょうか。

料金は部位別に分けられていることが多く、背中単体であれば1回3,000~5,000円程度で受けることができます。

関連記事:背中のムダ毛処理はどうしてる?種類ややり方、ケア方法を紹介

背中脱毛中は保湿ケアを徹底しよう

背中脱毛中は保湿ケアを徹底しよう

どの脱毛方法にしても、たった1回の施術でムダ毛が生えてこなくなるというわけではありません。

医療脱毛なら8~10回、光脱毛なら12~18回ほど通って、繰り返し行うことで自己処理が不要なまでに脱毛することができます。

背中脱毛の効果を得やすくするためにも、普段からしっかりと保湿ケアをして、肌の状態を整えておくことが大切です。

特に脱毛後の肌は、ダメージを受けてバリア機能が低下し、肌が乾燥しやすい状態になっています。

放置してしまうと、肌荒れや毛が埋もれてしまう「埋没毛」といった肌トラブルを引き起こしてしまうので注意しましょう。

背中脱毛後のデリケートな肌の保湿ケアには、低刺激で柔らかいテクスチャーのジェルやクリームを使用するのがおすすめです。

また、しっかりと潤いを与えてくれる植物エキスや、肌荒れにアプローチしてくれるグリチルリチン酸2Kなどの有効成分が配合されているかもチェックしてみてください。

背中に肌トラブルが起きてしまうと、脱毛施術を受けられない場合もあります。

毛周期に合わせて効率良く背中脱毛を進めるためにも、普段から保湿ケアを徹底することを心がけましょう。

背中脱毛の方法はメリット・デメリットを理解して選ぼう

背中脱毛の方法はメリット・デメリットを理解して選ぼう

今回は、背中脱毛のメリット、脱毛方法の種類や特徴を紹介しました。

医療脱毛・光脱毛・ブラジリアンワックス脱毛はそれぞれメリットとデメリットがあるため、きちんと把握したうえで自分に合ったものを選びましょう。

また、脱毛後の肌はダメージを受けているので、たっぷりと保湿を行うことが大切です。

脱毛の効果をより実感できるよう、今回紹介したアイテムを参考にお手入れしてみてください。

背中のケアについて詳しい記事はこちら

 - 背中 ,

  関連記事

【医師監修】背中のブツブツが汚い!原因や対処法を解説
【医師監修】背中のブツブツが汚い!原因や対処法を解説

きれいな背中なら、水着や背中の開いた服を自信を持って着こなすことができます。 し …

背中の毛穴が目立つ!角栓ができる原因や防ぐ方法を解説
背中の毛穴が目立つ!角栓ができる原因や防ぐ方法を解説

水着や背中の開いた洋服を着たとき、何となく背中がきれいに見えないなと感じたことは …

背中の正しい洗い方!手が届かないところはどうするのが正解?
背中の正しい洗い方!手が届かないところはどうするのが正解?

背中の肌トラブルを防ぐためには、きれいに洗って清潔な状態を維持することが大切です …

今日からできる背中ケア、やり方とおすすめアイテムを紹介
今日からできる背中ケア、やり方とおすすめアイテムを紹介

肌トラブルが起こりにくいきれいな背中を目指すためには、継続的なケアが大切です。 …

背中のムダ毛処理はどうしてる?種類ややり方、ケア方法を紹介
背中のムダ毛処理はどうしてる?種類ややり方、ケア方法を紹介

背中のムダ毛をしっかりと処理しておくと、水着や背中が開いたファッションを思う存分 …

ボディスクラブで背中美人を目指そう!手が届かないときはどうする?
ボディスクラブで背中美人を目指そう!手が届かないときはどうする?

古い角質を取り除いてくれるボディスクラブは、ザラつきやゴワつきのある背中のケアに …

背中の黒ずみができる原因、おすすめのケア方法を紹介
背中の黒ずみができる原因、おすすめのケア方法を紹介

背中の黒ずみが気になり、背中の開いた服を着たり水着姿になることをためらってしまう …