Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

今日からできる背中ケア、やり方とおすすめアイテムを紹介

      2022/09/20

今日からできる背中ケア、やり方とおすすめアイテムを紹介

肌トラブルが起こりにくいきれいな背中を目指すためには、継続的なケアが大切です。

この記事では、背中に起こりがちな肌トラブルの種類や背中の基本的なお手入れ方法、おすすめのケアアイテムについて紹介します。

背中ケアを怠るとどんな肌トラブルが起こる?

背中ケアを怠るとどんな肌トラブルが起こる?

顔や手足の肌と同様、背中もケアを怠ってしまうとさまざまな肌トラブルを引き起こす可能性があります。

まずは、背中に多い肌トラブルの種類とそのメカニズムについて解説します。

背中ニキビ

背中は、全身のなかでも皮脂の分泌量が多い部位です。

肌が健康的な状態の場合、分泌された皮脂は、肌の新陳代謝であるターンオーバーによって古い角質とともに排出されます。

しかし、何らかの刺激によって皮脂が過剰に分泌されたり、ターンオーバーが乱れたりすると、肌に残った皮脂や古い角質が毛穴に詰まりやすくなります。

毛穴に詰まった皮脂や古い角質は、皮膚にもともと存在する菌の一種「アクネ菌」の栄養源となり、繫殖を促してしまいます。

増殖したアクネ菌が毛穴に入り込んで炎症を起こすことで、赤いブツブツとした背中ニキビが発生するのです。

くすみ・黒ずみ

肌は、衣服による摩擦や圧迫、紫外線などの外的刺激を受けると、皮膚を守るために黒色の色素「メラニン」を過剰に生成します。

メラニンが過剰生成されるとターンオーバーでは排出し切れなくなり、肌に残ったメラニンが色素沈着を起こして、くすみや黒ずみとなります。

寝ているときや背もたれを使用しているときなど、背中は意外と刺激を与えてしまいやすいため、気付かないうちにくすみや黒ずみができているというケースも多いようです。

また、毛穴に詰まった皮脂をそのままにしていると次第に皮膚の表面が盛り上がり、空気に触れて酸化することで黒いブツブツが目立ち、黒ずみに見えてしまうこともあります。

関連記事:背中の黒ずみができる原因、おすすめのケア方法を紹介

乾燥

背中の乾燥は、空気が乾燥する秋冬に肌と衣服の間で起こりがちな静電気や、熱いお湯で背中をゴシゴシと擦って洗うといった間違ったケア方法などが関係しています。

乾燥によって本来皮膚が持つバリア機能が低下してしまうと、水分が外に出て行きやすくなるためさらに乾燥が進み、肌がカサカサしたり、皮がむけたりするのです。

また、少しの刺激にも敏感になるため、かゆみといった肌トラブルを引き起こす場合もあります。

関連記事:背中の毛穴が目立つ!角栓ができる原因や防ぐ方法を解説

背中ケアのやり方

背中ケアの基本的なやり方を解説

背中のケアを怠ると、さまざまな肌トラブルにつながることが分かりました。

こうした肌トラブルを防ぐためには、正しくお手入れすることが大切です。

続いては、背中ケアの基本について解説します。

洗い方

肌の表面に皮脂や汚れが残っていると、後から使うケアアイテムの効果を十分に得ることができなくなるので、背中ケアは最初の洗い方が肝心です。

ただし、汚れをしっかり落とそうとして洗浄力が高いボディソープを選んだり、ゴシゴシと力を入れて擦ったりすると、かえって肌に刺激を与えてしまうことになります。

そのため、肌に優しいソープを使用し、たっぷりの泡でなでるように優しく洗いましょう。

また、ソープの洗い残しが毛穴に入り込んで詰まってしまわないように、しっかりと洗い流すのもポイントです。

毎日のシャワーや入浴で皮脂や汚れを丁寧に洗い流し、清潔な環境を維持させましょう。

関連記事:背中の正しい洗い方!手が届かないところはどうするのが正解?

角質ケア

背中がザラザラしている場合は、厚く蓄積した古い角質が原因かもしれません。

厚くなった角質を落とすことで、ザラザラを解消するだけでなく、水分や保湿成分が肌に浸透しやすくなるので、ボディスクラブを使って角質ケアを行ってみましょう。

角質ケアは、背中を洗って肌が柔らかくなった状態で始めるのがポイントです。

ボディスクラブを適量手に取り、くるくるとマッサージするようになじませていきます。

背中は手が届きにくいので、タオルを使用すると全体的にケアできます。

タオルは、綿などの天然素材が使われた肌に優しいものを選び、泡が立ちやすいナイロンやポリエステルのものは、ボディスクラブと一緒に使用するのは避けたほうが良いでしょう。

角質ケアの頻度は週2〜3回程度にし、使用するボディスクラブは自然由来の原料で作られた低刺激なものが適しています。

関連記事:ボディスクラブで背中美人を目指そう!手が届かないときはどうする?

関連記事:ボディスクラブとは?効果や選び方、ケア方法を解説

保湿ケア

入浴や角質ケア後は、肌が乾燥しやすい状態にあるので、しっかりと保湿ケアすることが大切です。

清潔な肌に、適量の保湿クリームをくるくると円を描くように塗り込んでいきましょう。

美容液を併用する場合は、クリームの前がおすすめとされています。

水分が多いアイテムを先に、油分が多いアイテムを後に使うのがスキンケアの基本です。

また、保湿ケアに使用するクリームや美容液を選ぶ際は、アルコールや合成着色料など、肌への刺激となる成分が含まれていないか確認しましょう。

ほかにも、保湿成分はもちろん、美白のための有効成分や肌荒れ・ニキビを防ぐ有効成分など、配合成分に着目するのもおすすめです。

脱毛

入浴時のケアや保湿のほかにも、背中の脱毛をすることでニキビや肌荒れ対策をすることができます。

背中のムダ毛がなくなることで、汚れや汗が肌に残りにくくなり背中を清潔に保てるようになるほか、自己処理による肌負担も軽減できるようになるのがメリットです。

脱毛には、永久脱毛が可能な「医療脱毛」や減毛を目的とする「光脱毛」、角質ケアを同時に行うことができる「ブラジリアンワックス脱毛」などがあります。

関連記事:背中脱毛のメリットや種類、お手入れ方法を解説

関連記事:背中のムダ毛処理はどうしてる?種類ややり方、ケア方法を紹介

毎日の背中ケアにおすすめのアイテム

毎日の背中ケアにおすすめのアイテム

背中ケアには、低刺激で肌に優しい商品を選ぶのがおすすめです。

例えばイビサビューティーでは、殺菌成分配合で肌に優しい泡タイプのボディソープ「イビサソープ」や、自然由来の原料を配合した「イビサボディスクラブ」などのケアアイテムがそろっています。

また、美白※のための有効成分と、肌荒れやニキビを防ぐ有効成分がダブルで配合された「イビサクリーム」は、デリケートゾーンや赤ちゃんにも使えるほど肌への優しさにこだわって作られた美白※クリームです。

9種類の潤い成分がたっぷりと含まれているため、背中の保湿ケアにもおすすめです。

さらに、「イビサセラムPro」は3種類の美白※有効成分が配合されたサラリとしたテクスチャーの美容液で、角質層まで素早く浸透してくれます。

添加物などの余分な成分は含まれておらず、必要な成分だけを配合しているため、乾燥肌や敏感肌の方も使いやすい商品です。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

背中ケアのために生活習慣の見直しも

背中ケアのために生活習慣の見直しも

背中の肌トラブルを防ぐためには、毎日のスキンケアに加えて、次のように生活習慣を見直すことも大切です。

通気性の良い下着や衣服を着用する

背中は寝たりもたれたりしている間に摩擦や圧迫が起こりやすいだけでなく、汗でムレることでも肌トラブルにつながることがあります。

ムレて高温多湿の状態もアクネ菌などの細菌が繁殖しやすくなるため、通気性の良い下着や衣服を着用することを心がけましょう。

食生活を見直す

肌と体の健康を保つためには、食生活を見直すことも大切です。

肌に良いとされているビタミンやコラーゲンなどが豊富に含まれた食材を、積極的に取り入れてみましょう。

また、ダイエット中も無理に食事制限するのではなく、1日3食栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけてください。

睡眠時間を確保する

質の良い睡眠を取ることは、ターンオーバーを整えることにもつながります。

夜更かしをせず1日7~8時間の睡眠時間を確保して、規則正しい生活を送りましょう。

背中ケアで後ろ姿美人を目指そう

背中ケアで後ろ姿美人を目指そう

背中は、毎日の保湿ケアや週2~3回の角質ケア、生活習慣の見直しを行うことで、黒ずみやニキビができにくいきれいな状態に近づけます。

今回紹介したおすすめ商品を参考に、継続的なケアで背中がきれいな後ろ姿美人を目指してみましょう。

 - 背中 ,

  関連記事

背中のムダ毛処理はどうしてる?種類ややり方、ケア方法を紹介
背中のムダ毛処理はどうしてる?種類ややり方、ケア方法を紹介

背中のムダ毛をしっかりと処理しておくと、水着や背中が開いたファッションを思う存分 …

背中の黒ずみができる原因、おすすめのケア方法を紹介
背中の黒ずみができる原因、おすすめのケア方法を紹介

背中の黒ずみが気になり、背中の開いた服を着たり水着姿になることをためらってしまう …

背中の正しい洗い方!手が届かないところはどうするのが正解?
背中の正しい洗い方!手が届かないところはどうするのが正解?

背中の肌トラブルを防ぐためには、きれいに洗って清潔な状態を維持することが大切です …

背中脱毛のメリットや種類、お手入れ方法を解説
背中脱毛のメリットや種類、お手入れ方法を解説

背中のムダ毛は自己処理が難しいため、多くの女性がサロンやクリニックでの脱毛を選ん …

【医師監修】背中のブツブツが汚い!原因や対処法を解説
【医師監修】背中のブツブツが汚い!原因や対処法を解説

きれいな背中なら、水着や背中の開いた服を自信を持って着こなすことができます。 し …

背中の毛穴が目立つ!角栓ができる原因や防ぐ方法を解説
背中の毛穴が目立つ!角栓ができる原因や防ぐ方法を解説

水着や背中の開いた洋服を着たとき、何となく背中がきれいに見えないなと感じたことは …

ボディスクラブで背中美人を目指そう!手が届かないときはどうする?
ボディスクラブで背中美人を目指そう!手が届かないときはどうする?

古い角質を取り除いてくれるボディスクラブは、ザラつきやゴワつきのある背中のケアに …