Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

ワキの毛穴が目立つのはなぜ?原因や対処法、おすすめのケア用品を紹介

      2022/09/21

ワキの毛穴が目立つのはなぜ?原因や対処法、おすすめのケア用品を紹介

夏になると半袖やノースリーブなど肌を露出する機会が増えるため、ワキの毛を剃る女性は多いようですが、なかには剃った後の毛穴が気になって夏のおしゃれが楽しめないという声も挙がっています。

この記事では、ワキの毛穴が目立ってしまう原因や対処法、毎日のお手入れに活用したいおすすめのケア用品について解説します。

ワキの毛穴が目立つ!何が原因?

ワキの毛穴が目立つ!何が原因?

まずは、ワキの毛穴が目立つ原因として考えられるものをいくつか紹介します。

毛穴詰まり

ワキの毛穴に汚れや皮脂が詰まったり、古い角質が肌に残っていたりすると、白いポツポツができることがあります。

ワキには皮脂腺があり、汗や皮脂が多く出やすい部位なので、こまめに汗を拭き取るなどのケアを心がけましょう。

制汗剤の使いすぎは毛穴詰まりを引き起こしやすく、かぶれの原因となることもあるため、注意が必要です。

開き毛穴

通常は皮脂の排出の際に開いたり閉じたりを繰り返す毛穴が閉じにくくなり、へこんでいるように見える状態を開き毛穴と言います。

開き毛穴の原因はさまざまですが、乾燥により肌の水分が減ってしまうと肌がたるんだり、きめが荒くなり開き毛穴が目立つようになります。

特に自己処理後の毛穴は開いた状態になっており、そのまま放置をしてしまうと乾燥も進んでしまうため、しっかりアフターケアをしてあげることが大切です。

また、ワキのムダ毛を自己処理する方法にはカミソリや電気シェーバーなどがありますが、カミソリは扱い方によっては出血をしたり、カミソリ負けをしたりと肌に与えるダメージが大きいので、毛穴が気になる方にはあまり向いていません。

そのため、肌に直接刃が触れない電気シェーバーがおすすめです。

毛穴の黒ずみ

ワキの毛穴の黒ずみは、メラニンという黒色の色素が沈着することで起こります。

メラニンは、下着や衣服による摩擦や紫外線などの刺激から肌を守るために生成され、通常は肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組みであるターンオーバーによって排出されます。

しかし、乾燥やストレス、不規則な生活などが原因でターンオーバーが乱れると、メラニンが排出されず沈着してしまい、毛穴の黒ずみとなるのです。

メラニンによる色素沈着を防ぐには、乾燥や摩擦、紫外線などの肌へのダメージを軽減し、ターンオーバーを正常に保つことが大切です。

関連記事:ワキの黒ずみができる原因と対処法、おすすめの美白クリームを紹介

埋没毛

埋没毛とは、毛が皮膚に埋もれてしまっている状態のことで、誤った自己処理やアフターケア不足などが原因によってできやすくなります。

埋没毛になると黒い毛穴が目立つだけでなく、放っておくと毛嚢炎(もうのうえん)などの炎症を引き起こすこともあるので注意が必要です。

また、埋まった毛を無理に毛抜きなどで抜こうとすると、それが刺激になり毛穴の黒ずみや開きにつながり悪循環になるので、まずは自己処理方法やアフターケア方法を見直してみましょう。

関連記事:ワキのブツブツをきれいにしたい!原因や治し方を解説

ワキの毛穴が気になるときの対処法

ワキの毛穴が気になるときの対処法

ワキの毛穴が目立った状態のまま放置すると、ニキビやにおいの原因にもなり得るため、早めの対処が大切です。

続いては、ワキの毛穴が気になるときの具体的な対処法をいくつか紹介します。

自己処理の方法を変える

ワキの毛穴が気になるときは、自己処理の方法を変えてみるのもおすすめです。

普段の自己処理でカミソリを使用している方も多いのではないでしょうか。

カミソリは直接肌に刃の部分が当たるので、シェービングクリームを使うなど、できるだけ肌ダメージを軽減させることが大切です。

使い捨てカミソリは何度も使い回すのは衛生的にも良くないので使用期限を守る、逆剃りをしないといった基本も押さえておきましょう。

また、肌に優しいタイプのカミソリや電気シェーバーなど、肌へのダメージが少ない自己処理の方法を試してみてください。

自己処理に不安を感じる場合は、脱毛サロンやクリニックで脱毛するのも一つの方法です。

ゴシゴシと力を入れて洗わない

摩擦による肌への刺激は色素沈着の原因になるため、力を入れてゴシゴシと洗うのは避けましょう。

ワキを洗うときはたっぷりの泡でなでるように優しく洗い、ぬるま湯でしっかりと洗い流すことが大切です。

また、洗浄力の高いボディソープも肌への刺激になるので、無添加にこだわったものなど肌に優しいソープを選ぶと良いでしょう。

サイズの合わない下着を着けない

サイズの合わない下着を着用していると、締め付けや圧迫などにより肌への刺激につながるので、一度使っているサイズが自分に合っているかを見直すことも大切です。

下着ショップにはサイズを測定してくれるところもあり、肌着の上から試着することも可能なので、自分の体にフィットするものが見つかるでしょう。

また、肌に優しいコットンやシルクなどの素材を選ぶのもおすすめです。

ターンオーバーを整える

ターンオーバーが乱れてしまうと、古くなった角質やメラニンが排出されず、白いポツポツや毛穴の黒ずみにつながります。

通常、ターンオーバーは約28日周期で行われますが、加齢やホルモンバランスの乱れ、紫外線による刺激などによって、大きく乱れてしまうケースもあります。

ターンオーバーを整えるためにも、食事や睡眠、ストレスをため込まないようリフレッシュをするなど、健康的な生活を心がけましょう。

ケア方法・ケア用品を見直す

ワキは、顔と同じようにしっかりとケアすることで、肌トラブルを防ぐことにつながります。

しかし、しっかりとケアをしていても毛穴が気になる場合は、ケアの方法や使用しているケア用品が自分に合っていない可能性があるので、肌の状態や悩みに応じて、適切なケア方法・ケア用品に変更しましょう。

例えば、全身に使える一般的なボディクリームを使用しているという方もいるかもしれませんが、なかには香料やアルコールなどが入っているものもあり、繊細なワキに刺激を与えてしまうことがあるので注意が必要です。

ワキのケアで使用するなら、無添加で敏感肌にも使えるなど、デリケートゾーン向けに優しい成分が配合されたものがおすすめです。

ワキの毛穴対策におすすめのケア用品

ワキの毛穴対策におすすめのケア用品

ここからは、ワキの毛穴が気になる方に向けて、毎日のお手入れに活用したいおすすめのケア用品を紹介します。

イビサソープ

イビサソープは、ワキの気になるにおいを原因から洗い落としてくれる肌に優しいソープです。

さらに、肌荒れやニキビを防いでくれる有効成分も配合されています。

天然由来の6種類の美容成分と5種類のビタミンも配合し、洗うたびにしっとり潤った肌に仕上げてくれます。

デリケートゾーン用に開発されているので、合成香料・着色料・アルコール・鉱物油・パラベンといった添加物が含まれておらず、敏感肌の方でも安心して使える点も魅力です。

イビサソープはポンプ式の泡タイプなので、2〜3回プッシュして優しくなでるように洗うだけで、毎日手軽にケアができます。

イビサクリーム

イビサクリームは、ワキの毛穴の黒ずみが気になる方におすすめの美白※クリームです。

心地良いテクスチャーで使いやすく、シャワーの後などに1日2回気になる部分に塗り込んで、くすみや黒ずみをケアします。

イビサソープ同様に、デリケートゾーンのために開発されたクリームのため肌に優しく、贅沢に配合された9種類の保湿成分が乾燥を防いでくれるのもうれしいポイントです。

※ メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

関連記事:ワキ用クリームの種類や選び方、おすすめケア商品を紹介

イビサセラムPro

イビサセラムProは、3種類の美白※有効成分が配合されたセラムタイプの美容液で、イビサクリームよりも、さらに多角的な美白※ケアを実現しています。

植物由来の保湿成分を6種類配合しているため、ワキのムダ毛を自己処理した後の保湿ケアにもぴったりです。

美容液を小豆サイズくらい手に取り、1日2回くすみが気になるところにクルクルとなじませて使用することで、透明感のある肌に仕上がります。

サラッとしていて肌なじみが良いテクスチャーなので、忙しい朝のお手入れにも便利でしょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

正しいケアで毛穴の目立たないきれいなワキを手に入れよう

正しいケアで毛穴の目立たないきれいなワキを手に入れよう

今回は、ワキの毛穴が目立つ原因や正しいケアによる対処法について紹介しました。

夏のおしゃれを思い切り楽しむためにもワキの毛穴対策を始めて、毛穴の目立たないツルツルのきれいなワキを手に入れましょう。

今回紹介した正しいケア方法やおすすめのケア用品も、ぜひ参考にしてみてください。

 - ワキ ,

  関連記事

ワキ脱毛のメリット・デメリットは?必要な回数、期間、料金について解説
ワキ脱毛のメリット・デメリットは?必要な回数、期間、料金について解説

ワキがきれいだと、下着姿や水着姿に自信が持てたり、腕を挙げる場面で周囲の目が気に …

ワキの黒ずみができる原因と対処法、おすすめの美白クリームを紹介
ワキの黒ずみができる原因と対処法、おすすめの美白クリームを紹介

ノースリーブや半袖の洋服を着る機会が増える夏は、水着姿や下着姿でなくても日常的に …

ワキが乾燥するとどうなる?肌トラブルを防ぐ保湿ケアのポイント
ワキが乾燥するとどうなる?肌トラブルを防ぐ保湿ケアのポイント

ワキは、乾燥による肌トラブルが多い部位です。 汗によって起こると思われがちなにお …

ワキ脱毛はワキガに影響する?においの原因やケア方法を紹介
ワキ脱毛はワキガに影響する?においの原因やケア方法を紹介

ワキ脱毛とワキガの関係性については、さまざまな説があります。 例えば、「ワキ脱毛 …

【医師監修】ワキニキビの原因は?治療法や防ぐ方法を紹介
【医師監修】ワキニキビの原因は?治療法や防ぐ方法を紹介

ふと見るとワキにニキビや吹き出物ができていた…そんな経験がある方も多いのではない …

ワキのブツブツをきれいにしたい!原因や治し方を解説
ワキのブツブツをきれいにしたい!原因や治し方を解説

ワキにブツブツができると、半袖やノースリーブを着ることをためらってしまい、夏のお …

気になるワキのにおいの対策法!原因やおすすめデオドラントは?
気になるワキのにおいの対策法!原因やおすすめデオドラントは?

自分のワキのにおいが気になった経験がある方もいるのではないでしょうか。 ワキのに …

ワキ用クリームの種類や選び方、おすすめ商品を紹介
ワキ用クリームの種類や選び方、おすすめ商品を紹介

ワキ用のクリームには、使用する目的や効能によってさまざまな種類があります。 この …

ワキ汗対策にはどんな方法がある?おすすめのケアアイテムを紹介
ワキ汗対策にはどんな方法がある?おすすめのケアアイテムを紹介

暑い季節になると、どうしても気になりやすいのがワキ汗です。 ワキ汗によるにおいや …

【医師監修】ワキがかゆいのはなぜ?考えられる原因と対処法を解説
【医師監修】ワキがかゆいのはなぜ?考えられる原因と対処法を解説

汗をかいたときや入浴後、ふとした瞬間に起こるワキのかゆみや、空気が乾燥する冬に起 …