Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

ワキのブツブツをきれいにしたい!原因や治し方を解説

      2022/09/21

ワキのブツブツをきれいにしたい!原因や治し方を解説

ワキにブツブツができると、半袖やノースリーブを着ることをためらってしまい、夏のおしゃれを楽しめなくなったり、恋人とのスキンシップも気が引けてしまうこともあるでしょう。

この記事では、そんなワキのブツブツができる原因や治し方、ワキのブツブツ対策におすすめのケア用品を紹介します。

ワキにブツブツができる原因とは

ワキにブツブツができる原因とは

ワキにブツブツができたときは、色や症状によって考えられる原因を探ってみましょう。

まずは、ワキにブツブツができる原因を紹介します。

毛穴詰まり

ワキに白いブツブツができた場合は、毛穴詰まりが原因かもしれません。

毛穴詰まりは汚れや皮脂、古い角質が肌に残ったり、制汗剤を使いすぎたりすることで起こると言われています。

ワキの下には汗腺が多く通っているため、皮脂の分泌が多く、毛穴に皮脂や汚れがたまりやすくなっています。

白いブツブツを放置すると、次第に皮脂が酸化して黒いブツブツになることがあるため、適切なケアをするなど早めの対処が必要です。

毛包炎(毛嚢炎)やニキビ

ワキのムダ毛を脱毛・剃毛した後にブツブツができた場合は、毛包炎(毛嚢炎)の可能性があります。

毛包炎とは、剃毛・脱毛後にできた小さな傷から毛穴に菌が侵入し、毛穴の奥の毛根部分が炎症を起こすことです。

自然治癒する場合もありますが、症状がひどい場合は病院で適切な治療を受けることをおすすめします。

また、乾燥肌の方は乾燥による皮脂分泌が原因となり、ワキにニキビができやすいほか、赤いブツブツは湿疹(皮膚炎)の可能性もあります。

そのまま放置しておくと悪化する場合もあるため、かゆみや痛みなどの症状によって対処の仕方を検討しましょう。

関連記事:【医師監修】ワキニキビの原因は?治療法や防ぐ方法を紹介

関連記事:ワキの毛穴が目立つのはなぜ?原因や対処法、おすすめのケア用品を紹介

ワキにブツブツができたらどうすれば良い?

ワキにブツブツができたらどうすれば良い?

ワキにブツブツができてしまったら、まずは適切にケアすることを意識しましょう。

しっかりとケアをしていても症状が悪化する場合は、早めに病院を受診するのがおすすめです。

ワキ汗をこまめに拭く

ワキ汗をかいた状態で放っておくと、汗をエサとして肌に存在する菌が増殖するため、ブツブツを悪化させるだけではなく、嫌なにおいを発生させる原因にもなります。

ワキにブツブツができたときは、ワキを清潔に保つことが何よりも大切です。

清潔なタオルや汗拭きシートを使って、ワキ汗をこまめに拭くことを心がけましょう。

関連記事:ワキ汗対策にはどんな方法がある?おすすめのケアアイテムを紹介

関連記事:気になるワキのにおいの対策法!原因やおすすめデオドラントは?

自己処理はストップする

ワキにブツブツができたら、症状が治まるまでの間、ムダ毛の自己処理はお休みしましょう。

ブツブツがある状態でカミソリや電気シェーバーを使うと、肌を傷付けて出血する可能性があります。

また、ブツブツができた肌は通常よりも敏感になっているため、除毛クリームや脱毛ワックスの使用もストップしたほうが良いでしょう。

脱毛施術を受けている方は、施術を受けているクリニックやサロンに相談することをおすすめします。

ゴシゴシ洗いは避ける

ワキにブツブツができたときは、できるだけ優しくケアをして、肌をいたわってあげることが大切です。

硬いタオルやスポンジでゴシゴシと擦ることは避け、たっぷりの泡で優しく撫でるように洗い上げましょう。

その際、肌に優しい専用のソープを使用するのがおすすめです。

泡が体に残らないように、ぬるま湯でしっかりと洗い流してください。

丁寧に保湿ケアをする

ワキにできたブツブツを悪化させないためにも、丁寧に保湿ケアをして肌に潤いを与えましょう。

特に、シャワーや入浴後の肌は乾燥しやすいため、顔や手足をケアするのと同じようにワキにもクリームを塗って、しっかりと保湿ケアをすることが重要です。

ただし、ワキにブツブツができている場合、顔や手足に使用する乳液やクリームでは刺激が強すぎる可能性があります。

そのため、ブツブツができたワキに塗るクリームは、敏感な肌にも使える優しい成分が配合されたものや、無添加のものを使用するのがおすすめです。

関連記事:ワキが乾燥するとどうなる?肌トラブルを防ぐ保湿ケアのポイント

関連記事:ワキ用クリームの種類や選び方、おすすめケア商品を紹介

かゆみがひどい場合は皮膚科を受診

ワキにできたブツブツは、自宅でのセルフケアによって自然治癒する場合もあります。

しかし、適切なケアをしても治らない場合やかゆみがひどい場合、痛みや赤みの症状がある場合は、皮膚科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。

関連記事:【医師監修】ワキがかゆいのはなぜ?考えられる原因と対処法を解説

ワキのブツブツ対策におすすめのケア用品

ワキのブツブツ対策におすすめのケア用品

ブツブツができたワキは、肌がデリケートな状態となっているため、弱い刺激でも症状の悪化につながる可能性があります。

自然治癒または皮膚科での適切な治療によって治るケースが多いですが、治療後に再発することも珍しくありません。

再びワキにブツブツができるのを防ぐには、普段からワキの洗浄や保湿などのケアをしっかりと行い、肌トラブルが起こりにくい状態の肌に整えることが大切です。

ここからは、ワキのブツブツ対策におすすめのケア用品を紹介します。

イビサソープ

一般的なボディソープは、高い洗浄力によって肌に必要な潤いまでも洗い流してしまうため、ブツブツができたワキには適していません。

肌に必要な潤いを落としすぎない、優しい洗い心地のボディソープを使用してみてはいかがでしょうか。

イビサソープは、デリケートゾーン専用ケアアイテムとして開発された肌に優しいソープです。

ハチミツやオトギリソウエキスなどの6種類の美容成分に加え、肌荒れやニキビを防ぐ有効成分、殺菌作用のある有効成分が配合されています。

肌に負担となる合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンといった添加物が入っていないため、赤ちゃんでも使えるほど成分にこだわっているところも特徴です。

泡立て不要のポンプ式なので、毎日のケアに手軽に取り入れやすいのも魅力の一つです。

2~3回プッシュして泡を手に取り、泡をのせるようにして10秒ほど優しくなでるように洗いましょう。

イビサボディスクラブ

先ほど紹介したように、毛穴詰まりは白いブツブツの原因となります。毛穴詰まりを防ぐためには、古い角質を洗い流すことが大切です。

イビサボディスクラブは、天然由来の細かな粒子を持ったクルミをスクラブに使用しており、毛穴の汚れや古い角質を落としながら肌を優しく繊細に洗い上げます。

週2~3回、スクラブをワキに伸ばし、円を描くようにゆっくりマッサージして洗い流すことで、肌に潤いを与えて整えてくれるでしょう。

また、保湿効果の高い天然の糖であるトレハロースや厳選された7種類の植物エキスに加え、肌荒れを防いでくれる有効成分グリチルリチン酸2Kも配合されています。

洗浄後の繊細な肌を守り、ツルスベな肌へと導いてくれます。

イビサクリーム

ワキのブツブツを防ぐには、乾燥を防ぎ、肌に潤いを与えることが大切です。

乾燥した肌は炎症を起こしやすく、赤いブツブツもできやすいため、日頃からしっかりと保湿ケアを行いましょう。

イビサクリームは、気になるくすみをケアする美白※クリームです。

9種類の保湿成分や植物由来の保湿成分をカプセル化した独自成分VIOホワイトナノスリー®が配合されているため、しっとり潤った明るい素肌に導いてくれるでしょう。

また、美白※のための有効成分トラネキサム酸だけでなく、肌荒れを防ぐ有効成分グリチルリチン酸2Kも配合されています。

繊細な肌に負担となる合成香料・着色料・アルコール・パラベンといった4種類の添加物を使用しておらず、肌への優しさには徹底的にこだわっています。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

正しいケアでブツブツができにくい健康的な肌を目指そう

正しいケアでブツブツができにくい健康的な肌を目指そう

今回は、ワキにブツブツができる原因や対処法、対策について紹介しました。

ワキのブツブツは、毛穴詰まりやニキビ、毛包炎(毛嚢炎)や湿疹(皮膚炎)など、さまざまな原因によって起こります。

ブツブツができてしまった場合はもちろん、症状が治まった後も適切なケアをすることが大切です。

今回紹介した商品も参考に毎日のケアを始めて、ブツブツができにくい肌を目指してみてはいかがでしょうか。

 - ワキ ,

  関連記事

【医師監修】ワキニキビの原因は?治療法や防ぐ方法を紹介
【医師監修】ワキニキビの原因は?治療法や防ぐ方法を紹介

ふと見るとワキにニキビや吹き出物ができていた…そんな経験がある方も多いのではない …

ワキの毛穴が目立つのはなぜ?原因や対処法、おすすめのケア用品を紹介
ワキの毛穴が目立つのはなぜ?原因や対処法、おすすめのケア用品を紹介

夏になると半袖やノースリーブなど肌を露出する機会が増えるため、ワキの毛を剃る女性 …

ワキ用クリームの種類や選び方、おすすめ商品を紹介
ワキ用クリームの種類や選び方、おすすめ商品を紹介

ワキ用のクリームには、使用する目的や効能によってさまざまな種類があります。 この …

気になるワキのにおいの対策法!原因やおすすめデオドラントは?
気になるワキのにおいの対策法!原因やおすすめデオドラントは?

自分のワキのにおいが気になった経験がある方もいるのではないでしょうか。 ワキのに …

【医師監修】ワキがかゆいのはなぜ?考えられる原因と対処法を解説
【医師監修】ワキがかゆいのはなぜ?考えられる原因と対処法を解説

汗をかいたときや入浴後、ふとした瞬間に起こるワキのかゆみや、空気が乾燥する冬に起 …

ワキ脱毛はワキガに影響する?においの原因やケア方法を紹介
ワキ脱毛はワキガに影響する?においの原因やケア方法を紹介

ワキ脱毛とワキガの関係性については、さまざまな説があります。 例えば、「ワキ脱毛 …

ワキが乾燥するとどうなる?肌トラブルを防ぐ保湿ケアのポイント
ワキが乾燥するとどうなる?肌トラブルを防ぐ保湿ケアのポイント

ワキは、乾燥による肌トラブルが多い部位です。 汗によって起こると思われがちなにお …

ワキ脱毛のメリット・デメリットは?必要な回数、期間、料金について解説
ワキ脱毛のメリット・デメリットは?必要な回数、期間、料金について解説

ワキがきれいだと、下着姿や水着姿に自信が持てたり、腕を挙げる場面で周囲の目が気に …

ワキの黒ずみができる原因と対処法、おすすめの美白クリームを紹介
ワキの黒ずみができる原因と対処法、おすすめの美白クリームを紹介

ノースリーブや半袖の洋服を着る機会が増える夏は、水着姿や下着姿でなくても日常的に …

ワキ汗対策にはどんな方法がある?おすすめのケアアイテムを紹介
ワキ汗対策にはどんな方法がある?おすすめのケアアイテムを紹介

暑い季節になると、どうしても気になりやすいのがワキ汗です。 ワキ汗によるにおいや …