Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

ワキの黒ずみができる原因と対処法、おすすめの美白クリームを紹介

      2022/09/21

ワキの黒ずみができる原因と対処法、おすすめの美白クリームを紹介

ノースリーブや半袖の洋服を着る機会が増える夏は、水着姿や下着姿でなくても日常的にワキの露出が気になりやすい季節です。

しっかりとムダ毛処理を行っていても、ワキが青いことや黒ずみが気になって自信が持てないという方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ワキに黒ずみができる原因や対処法、おすすめの美白クリームを紹介します。

ワキの黒ずみの原因と今すぐできる対処法

ワキの黒ずみの原因と今すぐできる対処法

肌に黒ずみができる原因は、メラニンの色素沈着と言われています。

肌は紫外線を浴び続けると、皮膚を守るためにメラニン色素を産生する細胞であるメラノサイトを活性化させ、メラニンを過剰生成します。

通常メラニンは、肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組みであるターンオーバーによって排出されますが、過剰生成により排出し切れなかったメラニンが肌に残り、色素沈着を起こしてしまうのです。

ただ、ワキは全身のなかでも紫外線を浴びる機会が少ない部位であり、紫外線以外の原因がいくつかあります。

まずは、ワキに黒ずみができる原因と今すぐできる対処法を見ていきましょう。

自己処理による摩擦・刺激

カミソリや電気シェーバーを使った自己処理による摩擦や刺激は、メラニンの過剰生成を促す原因の一つとなります。

また、ワキが青いと感じている方は、自己処理後の埋もれている毛が透けて見えていることが原因かもしれません。

ワキの黒ずみや青みを抑えたいという方は、自己処理の頻度を減らすことや、エステ脱毛・医療脱毛などで施術を受けることも検討してみましょう。

下着や衣類による締め付け

サイズの合わない下着や衣類による摩擦や締め付けも、メラニンの過剰生成を促します。

肌に刺激を与えないためには、ゆとりのあるサイズの下着や衣類、肌への刺激が少ないシルクやコットンなどの天然素材が使われた下着を身に着けると良いでしょう。

制汗剤による毛穴詰まり

制汗剤は、有効成分により汗の出口に蓋をする、または出口を小さくして汗を抑えようとする薬剤で、スプレー・スティック・ローション・ロールオンなどの種類があります。

制汗剤を使いすぎてしまうとワキの毛穴が詰まりやすくなり、黒ずみを引き起こす原因となる場合があります。

さらに、メントールが配合されたものなどを使用すると、肌が過敏に反応することもあります。

なるべく低刺激で肌に優しいデオドラントを選んだり、制汗剤の使用頻度に気を付けたりしましょう。

ワキのにおいが気になる方におすすめのアイテム

ワキのにおいが気になる方には「イビサデオドラント」がおすすめです。

イビサデオドラントには、汗や菌の増殖を抑える2種類の有効成分が配合されており、においの原因からケアしてくれます。

肌に刺激を与えるメンソールや添加物は使用していないことや、6種類の植物エキスで保湿ケアができるのもうれしいポイントです。

ミストタイプなので、においが気になったときにサッと吹きかけるだけで簡単にケアできます。

関連記事:ワキ汗対策にはどんな方法がある?おすすめのケアアイテムを紹介

関連記事:気になるワキのにおいの対策法!原因やおすすめデオドラントは?

ターンオーバーの乱れ

先述したように、生成されたメラニンは、本来であればターンオーバーによって剥がれ落ちていきます。

例えば、個人差はありますが、日焼けした肌が1ヶ月ほど過ぎると元の肌に戻るのは、正常なターンオーバーのおかげです。

しかし、加齢やホルモンバランスの乱れなどが原因でターンオーバーが乱れると、メラニンが排出されず肌に残り、黒ずみとなってしまいます。

間違った洗い方

ワキの洗い方が間違っていると、黒ずみの原因となることもあります。

力を入れてゴシゴシと洗う行為は肌への刺激となるため、逆に黒ずみを悪化させることにもなりかねません。

ワキにできた黒ずみは、ゴシゴシと洗えば落ちるものではないため、たっぷりの泡で優しくなでるように洗うなど、刺激を与えないようにすることが重要です。

また、洗い方だけでなく、肌に優しい成分が配合されたソープを使用するのもおすすめです。

ワキにおすすめの薬用成分配合ソープ

ワキを洗う際には「イビサソープ」を使用してみてはいかがでしょうか。

イビサソープは、合成香料や着色料などの5種類の添加物を使用しておらず、赤ちゃんの肌にも使えるほど優しさにこだわって作られています。

さらに、2種類の有効成分と6種類の美容成分、5種類のビタミンが配合されており、肌に必要な潤いを保ちつつしっかりと汚れや古い角質を洗い流してくれます。

保湿ケア不足

顔や手足の保湿ケアはしていても、ワキのケアにはこだわっていないという方もいるのではないでしょうか。

肌の乾燥は、ターンオーバーの乱れを引き起こす原因の一つでもあります。

特にお風呂上がりの肌は乾燥しやすいため、黒ずみを防ぐために、専用のクリームや美容液を取り入れてワキもしっかりと保湿しましょう。

おすすめの保湿アイテムはこの後の章で紹介します。

関連記事:ワキが乾燥するとどうなる?肌トラブルを防ぐ保湿ケアのポイント

できてしまったワキの黒ずみは皮膚科で治療できる?

できてしまったワキの黒ずみは皮膚科で治療できる?

ワキにできてしまった黒ずみは、皮膚科や美容皮膚科で治療を受けることができます。

治療で塗り薬が使用される場合は、ハイドロキノンやトレチノインなどが処方されるケースが多いようです。

また、メラニンを破壊するレーザー治療や、薬剤によって古くなった角質を取り除くケミカルピーリングなどの治療法もあります。

しかし、皮膚科や美容皮膚科でワキの黒ずみ治療を受ければ二度と黒ずみが現れない、というわけではありません。

ワキの黒ずみを再発させないためにも、治療したからと油断せず、先ほど紹介した黒ずみの原因を排除することを心がけましょう。

ワキの黒ずみ対策には美白クリームがおすすめ

ワキの黒ずみ対策には美白クリームがおすすめ

黒ずみや青みのないきれいなワキを目指すなら、毎日の美白ケアを始めてみてはいかがでしょうか。

続いては、ワキの美白ケアにおすすめしたい2つの商品を紹介します。

イビサクリーム

イビサクリームは、心地良いテクスチャーが魅力のデリケートゾーン向け美白※クリームです。

脱毛サロンが開発しているので、低刺激で肌に優しいクリームとなっています。

そんなイビサクリームには、美白※のための有効成分トラネキサム酸と、肌を整える有効成分グリチルリチン酸2Kが含まれており、Wのアプローチで気になるくすみをケアしてくれます。

2種類の有効成分のほかにも、3種類の保湿成分をカプセル化した独自成分VIOホワイトナノスリー®、植物エキスを配合した整肌ケアカプセル、9種類の潤い成分が贅沢に配合されています。

朝晩のシャワー後などの清潔な肌に、くすんでいる部分より1cmほど大きく、5回程度くるくると塗り込みましょう。

※ メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

関連記事:ワキ用クリームの種類や選び方、おすすめケア商品を紹介

イビサセラムPro

イビサセラムProは、サラッとしたテクスチャーが特徴のデリケートゾーン向け美白※美容液です。

ビタミンC誘導体・アルブチン・グリチルリチン酸2Kという3種類の有効成分が配合され、多角的に肌の透明感を守ってくれます。

また、厳選された植物由来の保湿成分により肌が滑らかに整えられ、乾燥によるくすみを防ぎます。

イビサクリームと同様、くすみが気になる部分より1cmほど大きく、5回程度くるくると円を描くように塗り込んでください。

※ メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

ワキの黒ずみは美白クリームや美容液で防ごう

ワキの黒ずみは美白クリームや美容液で防ごう

今回は、ワキの黒ずみができる原因や対処法について解説しました。

ワキの黒ずみを防ぐためには、その原因を理解し、肌になるべく刺激を与えないよう普段の生活を見直すことが大切です。

特に保湿は重要なポイントとなるので、美白有効成分が配合されたクリームや美容液を使ってみるのはおすすめです。

今回紹介した商品を参考に、ワキの美白ケアを始めてみてはいかがでしょうか。

 - ワキ , ,

  関連記事

ワキ汗対策にはどんな方法がある?おすすめのケアアイテムを紹介
ワキ汗対策にはどんな方法がある?おすすめのケアアイテムを紹介

暑い季節になると、どうしても気になりやすいのがワキ汗です。 ワキ汗によるにおいや …

ワキ用クリームの種類や選び方、おすすめ商品を紹介
ワキ用クリームの種類や選び方、おすすめ商品を紹介

ワキ用のクリームには、使用する目的や効能によってさまざまな種類があります。 この …

気になるワキのにおいの対策法!原因やおすすめデオドラントは?
気になるワキのにおいの対策法!原因やおすすめデオドラントは?

自分のワキのにおいが気になった経験がある方もいるのではないでしょうか。 ワキのに …

ワキが乾燥するとどうなる?肌トラブルを防ぐ保湿ケアのポイント
ワキが乾燥するとどうなる?肌トラブルを防ぐ保湿ケアのポイント

ワキは、乾燥による肌トラブルが多い部位です。 汗によって起こると思われがちなにお …

ワキのブツブツをきれいにしたい!原因や治し方を解説
ワキのブツブツをきれいにしたい!原因や治し方を解説

ワキにブツブツができると、半袖やノースリーブを着ることをためらってしまい、夏のお …

【医師監修】ワキニキビの原因は?治療法や防ぐ方法を紹介
【医師監修】ワキニキビの原因は?治療法や防ぐ方法を紹介

ふと見るとワキにニキビや吹き出物ができていた…そんな経験がある方も多いのではない …

【医師監修】ワキがかゆいのはなぜ?考えられる原因と対処法を解説
【医師監修】ワキがかゆいのはなぜ?考えられる原因と対処法を解説

汗をかいたときや入浴後、ふとした瞬間に起こるワキのかゆみや、空気が乾燥する冬に起 …

ワキ脱毛のメリット・デメリットは?必要な回数、期間、料金について解説
ワキ脱毛のメリット・デメリットは?必要な回数、期間、料金について解説

ワキがきれいだと、下着姿や水着姿に自信が持てたり、腕を挙げる場面で周囲の目が気に …

ワキ脱毛はワキガに影響する?においの原因やケア方法を紹介
ワキ脱毛はワキガに影響する?においの原因やケア方法を紹介

ワキ脱毛とワキガの関係性については、さまざまな説があります。 例えば、「ワキ脱毛 …

ワキの毛穴が目立つのはなぜ?原因や対処法、おすすめのケア用品を紹介
ワキの毛穴が目立つのはなぜ?原因や対処法、おすすめのケア用品を紹介

夏になると半袖やノースリーブなど肌を露出する機会が増えるため、ワキの毛を剃る女性 …