Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

ピーリングにはデメリットもある?スクラブとの違いを解説

      2022/09/20

ピーリングにはデメリットもある?スクラブとの違いを解説

ピーリングとは、専用の薬剤を皮膚表面に塗布し、厚く蓄積された古い角質を取り除くことを目的としたケア方法です。

基本的にメリットが多いのですが、ピーリングを行う際はデメリットがあるということも理解しておく必要があります。

この記事では、ピーリングのデメリットとメリット、同じく角質ケアができるスクラブとの違いについても解説します。

ピーリングのデメリット

ピーリングのデメリット

ピーリングには、次のようなデメリットがあります。

お手入れ前にチェックして、肌トラブルが起きないように対策しましょう。

やりすぎると逆効果

ピーリング用の薬剤は、フルーツ酸(AHA)などが主な成分となっています。

成分の濃度によって違いはありますが、薬剤を塗布することはある程度肌への刺激となっているため、頻繁に行うと肌にダメージを与えすぎてしまうことになるのです。

また、たまった古い角質を除去した後もピーリングを続けてしまうと、肌が本来必要とする皮脂や角質まで取り除いてしまうこともあります。

乾燥で毛穴が開く可能性も

ピーリング直後は、肌が乾燥しやすくなるという点もデメリットの一つです。

皮膚の表面から古い角質が取り除かれると新たな細胞が表面に現れますが、新たな細胞は水分保持力が十分でない場合が多いので、一時的に肌の潤いを保つ能力が下がり、乾燥しやすくなります。

肌が乾燥すると皮膚のキメが乱れるため、毛穴まわりの凹凸が際立ち、毛穴が開いたように見えることもあります。

丁寧に保湿することが欠かせません。

肌が傷付いていると使用できない

肌が傷付いた状態でピーリングをすると、傷口から薬剤が浸透し必要以上に深くまで作用してしまうことがあります。

例えば、ピーリング前にカミソリなどを使ってムダ毛処理をすると、目には見えなくても肌の表面に傷が付いていることがあるので注意が必要です。

ピーリング前に、ムダ毛処理といった肌を傷付ける可能性がある行為は避け、傷がある場合はピーリングを控えるようにしましょう。

紫外線の影響を受けやすくなる

ピーリングによって一時的に皮膚が薄くなることで、肌がデリケートな状態になります。

その状態で紫外線を浴びると、いつも以上にダメージを受けてしまう可能性があるため注意が必要です。

外出する際はもちろん、室内でも日焼け止めを塗るなど、紫外線対策をしっかりと行いましょう。

ピーリングはデメリットよりメリットのほうが大きい

ピーリングはデメリットよりメリットのほうが大きい

ここまでピーリングのデメリットについて紹介しましたが、ピーリングには数多くのメリットがあります。

注意点を踏まえて適切に行うことで、次のようなメリットを得ることができます。

ザラつきのないツルツル肌になる

肌のザラつきは、皮膚表面や毛穴にたまった古い角質が原因であることがほとんどです。

ピーリングによってこれらを除去することで、ザラザラと引っ掛かるような感覚がなくなり、ツルツルでキメの整った肌に近づけるでしょう。

肌のターンオーバーを整える

厚くなった古い角質を除去することは、ザラつきといった肌の触り心地が改善されるだけでなく、肌の新陳代謝であるターンオーバーを整えられるというメリットもあります。

加齢や疲れ、ストレスなどによってターンオーバーが遅れてしまうと、古い角質が皮膚表面に残りやすくなり、徐々に厚く蓄積されていきます。

ピーリングによって古い角質を取り除くことができれば、ターンオーバーを促すことにつながるため、ニキビやニキビ跡、くすみなどの肌トラブルを防ぐことにつながります。

肌の透明感を取り戻せる

肌の表面に凹凸がある状態だと、肌に当たった光が散乱してしまい反射しにくくなります。それにより肌の透明感がなくなり、くすんで見えてしまうのです。

ピーリングで古い角質を取り除くことで凹凸が減り、肌の透明感を取り戻せるというメリットもあります。

水分や美容成分が浸透しやすくなる

皮膚表面に古い角質がたまったまま化粧水や美容液でスキンケアをしても、その効果が存分に発揮されていない場合があります。

ピーリングによって皮膚表面から古い角質が除去されると、水分や美容成分が角質層まで浸透しやすくなり、スキンケアの効率アップが見込めます。

ピーリングの正しい頻度や注意点

ピーリングの正しい頻度や注意点

ピーリング後は肌がツルツルになるため毎日行いたくなるかもしれませんが、デメリットで紹介したように頻繁なピーリングはかえって肌の負担となってしまいます。

肌に負担をかけ続けてしまうと、赤みなどの炎症、肌荒れといった別の肌トラブルが起こることもあるため注意が必要です。

ピーリングは、あくまでターンオーバーを促すためのスペシャルケアと考え、週に1〜2回程度で取り入れることをおすすめします。

また、ピーリング後は、クリームや美容液を使ってしっかりと保湿することも大切です。

合成香料や防腐剤であるパラベンといった、肌への刺激となる添加物が含まれておらず、肌触りが良いものを選びましょう。

関連記事:ピーリングの正しい頻度とは?効果的な周期や気を付けるポイントを解説

ピーリングとスクラブの違い

ピーリングとスクラブの違い

ピーリングと同様に、古い角質を除去する方法として「スクラブ」もあります。

薬剤を用いて角質を除去するピーリングに対して、スクラブは配合されている砂糖や塩、野菜や果物の種子などの細かい粒子が、皮膚の上で転がることで角質を取り除くというものです。

スクラブには、自然由来のものや保湿成分が配合されたものもあるため、敏感肌の方や、ピーリング剤が肌に合わなかったという方でも使用しやすいでしょう。

ただし、強い力で擦ったり頻繁に使用したりすると、ピーリングと同様に肌に負担をかけすぎてしまうため、スクラブの場合も使い方や頻度に注意して行いましょう。

関連記事:ボディスクラブとは?効果や選び方、ケア方法を解説

ピーリングはメリット・デメリットを知って正しく行おう

ピーリングはメリット・デメリットを知って正しく行おう

今回は、ピーリングを行ううえで知っておきたいデメリットについて紹介しました。

ピーリングの効果を十分に得るためにもメリットやデメリットを理解し、正しい頻度で使用するようにしましょう。

また、ピーリング以外にもスクラブで角質ケアをすることができます。

ピーリングが肌に合わない場合は、自然由来で肌に優しい成分で作られたスクラブを試してみるのもおすすめです。

ピーリングについて詳しい記事はこちら

 - ボディケア ,

  関連記事

VIO(デリケートゾーン)の永久脱毛は後悔しない?メリットやケア方法を解説
VIO(デリケートゾーン)の永久脱毛は後悔しない?メリットやケア方法を解説

VIO(デリケートゾーン)の脱毛には、すべての毛をなくす「ハイジニーナ脱毛」とデ …

骨盤矯正ができるガードル・ショーツ(パンツ)の選び方、おすすめを紹介
骨盤矯正ができるガードル・ショーツ(パンツ)の選び方、おすすめを紹介

骨盤は、普段の何気ない癖や姿勢など、さまざまな原因によって歪むことがあり、正しく …

埋没毛(埋もれ毛)とは?原因や治し方、スクラブでのケア方法を解説
埋没毛(埋もれ毛)とは?原因や治し方、スクラブでのケア方法を解説

肌に黒いポツポツができてしまうのにはいくつかの原因が考えられますが、そのなかの一 …

ボディスクラブを顔に使うのはNG?間違った使い方に注意しよう
ボディスクラブを顔に使うのはNG?間違った使い方に注意しよう

ボディスクラブは、その名の通りボディ用に開発されたケアアイテムです。 しかし、毛 …

気になる黒ずみはボディスクラブでケアしよう!効果や選び方を紹介
気になる黒ずみはボディスクラブでケアしよう!効果や選び方を紹介

水着や薄着になったときに黒ずみが気になった経験はありませんか? 黒ずみは知らない …

ボディスクラブとは?効果や選び方、ケア方法を解説
ボディスクラブとは?効果や選び方、ケア方法を解説

若い女性を中心に人気のあるボディスクラブですが、何を目的に使用するのか、どんな効 …

脱毛でVIOやワキの黒ずみはきれいになる?黒ずみの原因と対策方法を解説
脱毛でVIOやワキの黒ずみはきれいになる?黒ずみの原因と対策方法を解説

肌の黒ずみは気付かないうちにできてしまっていることも多く、特にVIOやワキは黒ず …

ボディスクラブの正しい使い方は?頻度や順番について
ボディスクラブの正しい使い方は?頻度や順番について

ボディスクラブは、「肌がツルツルになる」と多くの女性から人気を集めています。 し …

ピーリングの正しい頻度とは?効果的な周期や気を付けるポイントを解説
ピーリングの正しい頻度とは?効果的な周期や気を付けるポイントを解説

ピーリングは、主に酸性の薬剤を肌に塗布し、角質を除去して肌の再生を促すケアのこと …

ピーリングとはどんなケア?意味や効果、やり方を解説
ピーリングとはどんなケア?意味や効果、やり方を解説

洗顔や保湿といった基本的なスキンケア以外にも、肌の調子を整えるためには角質ケアを …