Ibiza Beauty Magazine

「ワタシ史上 最高の自分」をサポートする美容メディア

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみを何とかしたい!原因やセルフケア方法を紹介

      2022/09/14

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみを何とかしたい!原因やセルフケア方法を紹介

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみが気になって、「パートナーの前で自信が持てない」「性行為に積極的になれない」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、VIOの黒ずみを改善したいという方に向けて、黒ずみができる原因や今すぐ始められるセルフケアの方法を紹介します。

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみができる原因

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみができる原因

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみは、メラニン色素の沈着によってできるものです。

メラニンは通常、古い角質と一緒に剥がれ落ちて排出されますが、生成と排出のバランスが乱れることで、排出しきれなかったメラニンが蓄積し、色素沈着が起こる場合があります。

では、具体的にどんな状況になると色素沈着が起こるのでしょうか。

まずは、VIOの黒ずみができる原因として考えられるものをいくつか紹介します。

摩擦や締め付けなどの外的要因

VIOの黒ずみは、下着やきつい衣類の摩擦・締め付けなどの刺激によってできることがあります。

毎日同じ部分に刺激が加わると、外的刺激から肌を守る目的でメラニンが過剰に生成されてしまい、色素沈着を引き起こしてしまうのです。

VIOに黒ずみができにくい状態にするためには、サイズのきついボトムスは無理にはかず、少しゆとりのあるサイズのものを選びましょう。

また、下着は縫い目のないシームレスタイプのもの、通気性が良くてかぶれにくい綿素材でできたものなど、できるだけ肌を刺激しないものを選んでみてください。

間違ったお手入れ方法

VIOはとても繊細な部分のため、硬いタオルやスポンジを使ってゴシゴシと擦りながら洗ったり、刺激の強いボディソープを使って洗うなど、間違ったお手入れ方法によっても黒ずみができてしまう場合があります。

また、VIOの洗いすぎは必要な潤いまで洗い流してしまい、乾燥によるかゆみやかぶれなど、肌トラブルの原因にもなりかねません。

肌に優しい専用ソープを使って、ゴシゴシと擦らずソフトになでるように洗いましょう。

脱毛後のケア不足

VIO脱毛するときは、脱毛後にしっかりと保湿ケアをすることが大切です。

脱毛後の肌は刺激が蓄積されているため乾燥しやすく、とてもデリケートな状態となっています。

メラニン色素の過剰発生や沈着、肌荒れなどのトラブルを防ぐためにも、いつも以上に丁寧な保湿ケアを心がけましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスは、加齢に伴って乱れやすくなるほか、睡眠不足や精神的なストレス、偏った食事など、さまざまな理由で乱れることがあります。

ホルモンバランスが乱れることによってターンオーバーが遅れると、正常なときと比べて古い角質が剥がれにくくなり蓄積され、角質肥厚と呼ばれる状態になり、ごわつきや黒ずみの原因となってしまうのです。

生活習慣を整えるのはもちろん、肌に黒ずみやごわつきを感じたときは、放置せずにしっかりとケアするようにしましょう。

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみをセルフケアする方法

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみをセルフケアする方法

ここでは、今すぐ取り入れやすいVIO(デリケートゾーン)の黒ずみをセルフケアする方法を紹介します。

専用クリームを使う

VIOのくすみや乾燥を防ぐには、日頃から徹底した保湿ケアを心がけることが大切です。

特に入浴後は肌が乾燥しやすいため、VIO専用のクリームを塗るなどして、保湿ケアを始めてみてはいかがでしょうか。

例えば、有効成分グリチルリチン酸2Kが含まれたクリームは肌に優しく、保湿力が高いのが特徴です。

なかでも「イビサクリーム」は、有効成分グリチルリチン酸2Kだけでなく、美白※のための有効成分トラネキサム酸や、くすみの原因となる乾燥にアプローチする独自成分VIOホワイトナノスリー®を配合した、VIOに安心して使える心地良いテクスチャ―の専用クリームです。

贅沢な9種類の保湿成分によって摩擦や乾燥によるダメージが蓄積した肌にたっぷりと潤いを与え、明るい素肌に導きます。

VIOに使えるよう成分にこだわった肌に優しいクリームのため、全身に塗ることができるのはもちろん、赤ちゃんや敏感肌の方でも使用できるように開発されています。

使用の際はシャワー後などの清潔な肌に1日2回、くすみが気になる部分に円を描くように塗り込むようにしましょう。

※メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ

関連記事:VIO(デリケートゾーン)の美白クリームで黒ずみ対策をしよう!

関連記事:デリケートゾーンのケアにはクリームがおすすめ!選び方や塗り方を解説

専用ソープを使う

VIOを洗うときは、潤いを守りながら汚れや古い角質を落とせる肌に優しい専用ソープを使うのがおすすめです。

イソプロピルメチルフェノールという殺菌作用のある有効成分が配合された専用ソープは、汚れはもちろん、汗やムレによるにおいを抑える特徴があります。

例えば「イビサソープ」は、VIOの気になるにおいを原因から洗い落としてケアする薬用成分配合のアミノ酸系ソープとして人気です。

マイルドな洗い心地で肌に必要な潤いを落としすぎず、6種類の美容成分と5種類のビタミンが肌に潤いやハリ、弾力を与えるため、しっとりと滑らかな美肌へと導きます。

ほかにも、殺菌作用のある有効成分イソプロピルメチルフェノールや、有効成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合しているため肌荒れやニキビも防ぎやすくなっています。

イビサソープの使用方法は、2回~3回プッシュして泡を手に取り、VIOに泡をのせるようにして優しくなでるように洗いましょう。

10秒ほど洗ったら、ぬるま湯でしっかりと洗い流してください。

関連記事:デリケートゾーンには専用の石鹸を使おう!おすすめのソープを紹介
関連記事:デリケートゾーンの正しい洗い方を解説!ボディソープで洗うのはNG?

脱毛後の保湿を丁寧にする

VIO脱毛後の肌には、いつも以上に丁寧な保湿ケアが必要です。

例えば、有効成分グリチルリチン酸2Kが配合されたVIOケアアイテムであれば保湿力と肌荒れを防いで沈静化する効果の2つを兼ね備えています。

その成分が配合されたアフターケア用ジェル「イビサスムースジェル」は、脱毛後の敏感な肌でもトラブルを起こしにくいのでおすすめです。イソフラボンを豊富に含む2種類のエキスと、ツルスベ肌の維持に人気のパイナップルセラミドが加わったジェルです。

カミソリ負けを防ぎ、肌を整えてツヤを与える成分も配合されているため、男性の髭剃りや赤ちゃんの肌など、年齢や性別問わず使用できるのも魅力の一つです。

イビサスムースジェルは、脱毛後などのダメージを受けた肌に1日2回~3回程度、脱毛した範囲よりも広めに優しく塗るようにしましょう。

関連記事:VIO(デリケートゾーン)は保湿が大事!乾燥の原因やおすすめ商品を紹介

スクラブで古い角質を除去する

古い角質が蓄積された肌は黒ずんで見えやすく、厚くなった角質を除去するには、定期的にスクラブのようなケアアイテムを使用してみましょう。

イビサボディスクラブ」は、クルミ殻粒スクラブを使用した優しい洗い心地が特徴の脱毛サロン発の薬用ボディスクラブです。

スクラブのなかでもポピュラーなシュガースクラブで、砂糖以上に保湿力の高い「トレハロース」という天然の糖を配合しているほか、VIOの繊細な肌にも使えるよう無添加で作られており、肌荒れを防ぐ有効成分や、角質除去後の肌に潤いを補給する7種類の植物エキスも配合されています。

週に2回~3回程度、洗った後の柔らかくなった肌に伸ばし、円を描くように20~30秒マッサージしましょう。

関連記事:気になる黒ずみはボディスクラブでケアしよう!効果や選び方を紹介

規則正しい生活を送る

VIOの黒ずみをセルフケアする方法として、忘れてはいけないのが生活習慣の改善です。

睡眠不足や慢性的なストレスはホルモンバランスの乱れにつながり、ターンオーバーの遅れを招くため、色素沈着による黒ずみを悪化させる可能性があります。

早寝早起き、バランスの良い食事、適度な運動など、日頃から規則正しい生活を送るように心がけましょう。

関連記事:【医師監修】VIO(デリケートゾーン)の黒ずみを治す方法はある?

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみはどれくらいで薄くなる?

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみはどれくらいで薄くなる?

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみをセルフケアすると、どれくらいで薄くなるのか気になる方も多いでしょう。

個人差や使用するアイテムによって違いはありますが、なかには1ヶ月ほどクリームなどを塗り続けて保湿ケアをしたことで、黒ずみがだいぶ薄くなったという声があります。

また、毎日継続的にケアを行うことで、黒ずみが軽減されるだけでなく潤いやハリが与えられ、肌の状態も整えられます。

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみには毎日のケアが大事!

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみには毎日のケアが大事!

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみはさまざまな原因で発生してしまうため、下着の種類や規則正しい生活を心がけるほか、毎日のケアが大切です。

今回紹介したイビサビューティー商品も参考に、VIOの専用ケアアイテムを使って、毎日のお手入れを始めてみてはいかがでしょうか。

VIOについて詳しい記事はこちら

 - VIO(デリケートゾーン)

  関連記事

VIO(デリケートゾーン)はツルツルにしたほうが良い?メリットや正しいお手入れ方法を紹介
VIO(デリケートゾーン)はツルツルにしたほうが良い?メリットや正しいお手入れ方法を紹介

VIO(デリケートゾーン)のムダ毛をすべて脱毛してツルツルにすることを「ハイジニ …

アンダーヘアをツルツルにしたい!方法や注意点を解説
アンダーヘアをツルツルにしたい!方法や注意点を解説

アンダーヘアをツルツルにすることには、見た目や衛生面の観点からさまざまなメリット …

アンダーヘアのお手入れはどうすれば良い?おすすめのケア用品を紹介
アンダーヘアのお手入れはどうすれば良い?おすすめのケア用品を紹介

アンダーヘアは、「ムレやすい」「下着からはみ出るのが気になる」などの理由から日頃 …

VIOとはどこの部位?脱毛するメリットや方法、注意点を解説
VIOとはどこの部位?脱毛するメリットや方法、注意点を解説

VIOは、脱毛のなかでも特に女性人気の高い部位です。 この記事では、VIOとはど …

アンダーヘアの剃り方や注意点を解説!チクチクしない方法はある?
アンダーヘアの剃り方や注意点を解説!チクチクしない方法はある?

アンダーヘアは、カミソリや電気シェーバーを使って自己処理しているという方も多いの …

デリケートゾーンの正しい洗い方を解説!ボディソープで洗うのはNG?
デリケートゾーンの正しい洗い方を解説!ボディソープで洗うのはNG?

デリケートゾーンのかゆみや黒ずみ、においなどの肌トラブルが起こるのは、洗い方が間 …

アンダーヘアの処理はどんな方法がおすすめ?整え方やケア方法を紹介
アンダーヘアの処理はどんな方法がおすすめ?整え方やケア方法を紹介

アンダーヘアを処理することで、衛生面や見た目においてさまざまなメリットがあります …

【医師監修】デリケートゾーンにブツブツができた!症状別に原因や対処法を解説
【医師監修】デリケートゾーンにブツブツができた!症状別に原因や対処法を解説

デリケートゾーンのブツブツには、さまざまな種類と症状があります。 ブツブツができ …

アンダーヘアの長さは何cmがおすすめ?カットの仕方も解説
アンダーヘアの長さは何cmがおすすめ?カットの仕方も解説

アンダーヘアを整える際に長さまで意識している方は少ないかもしれませんが、適切な長 …

VIO(デリケートゾーン)脱毛とは?アンダーヘアをなくすメリット・デメリットを解説
VIO(デリケートゾーン)脱毛とは?アンダーヘアをなくすメリット・デメリットを解説

近年注目が集まっている脱毛部位の一つに、VIO(デリケートゾーン)があります。 …